《ダイガスタ・フェニクス/Daigusto Phoenix》

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/風属性/炎族/攻1500/守1100
レベル2モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分フィールド上の風属性モンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスターは
1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

 DUEL TERMINAL −エクシーズ始動!!−で登場した風属性炎族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材を取り除き、風属性モンスター2回攻撃を付与する起動効果を持つ。

 エクシーズ召喚にはレベルモンスターを必要とするが、レベルモンスターを多く採用するデッキは限られているため、活躍の場も自ずと限られてくる。

 2回攻撃効果は自身にも使用できるため、単体でも機能する。
 他に攻撃力の高い風属性モンスターがいれば大ダメージを狙うことができるが、風属性は展開しにくいものも多く、純粋な強化手段としての利用は状況をかなり選ぶ。
 そのため、直接攻撃時やの掃討など、自身のみの適用を前提として採用するデッキが多い。
 大量展開ギミックを擁するデッキの場合、《迅雷の騎士ガイアドラグーン》などに付与する機会がある。

 レベルモンスターはその低ステータス故に展開は容易であり、それら自身も《ボルト・ヘッジホッグ》《ゾンビキャリア》等の自己再生能力を持つモンスターも多い。
 2回攻撃によって単体でも直接攻撃で3000ポイントの戦闘ダメージを与えられるため、《深海のディーヴァ》等から簡単に展開できる新たなアタッカーとしても期待できるだろう。
 【代行者】では《創造の代行者 ヴィーナス》から《神聖なる球体》を3体呼び出してその内の2体でエクシーズ召喚、《ダイガスタ・フェニクス》に《団結の力》を装備させれば総ダメージ量が1ターンキル級になる。

 風属性を補助する効果を持つが、このように単体での運用や他のエクストラデッキ内のカードを利用する事が多く、【風属性】ではやや扱いにくい。
 消費を抑えてこのカードエクシーズ召喚できる風属性が少ないのが一番の要因である。
 場持ちの良い《スターダスト・ドラゴン》が扱え、《ドラグニティ−ファランクス》を使いまわせる【ドラグニティ】ならば一応無理は生じにくい。

 自身が名を冠する【ガスタ】では、リクルートの流れを止めるため積極的に狙うほどのものではないが、レベル2が並ぶ機会は多く一考の余地がある。
 サイキック族との混合型ならば《寡黙なるサイコプリースト》《ガスタ・グリフ》コンボが狙えるので、他のガスタ風属性《サイコ・デビル》と並ばせやすく、強化効果に成功すれば、1ターンキルも視野に入る。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの31話において、チャーリーと対戦していた男が使用。
    チャーリーの魔法カード《ドリーム・ダイス》によって攻撃力を0にされた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:メインフェイズ2にエクシーズ素材を取り除いてこのカードの効果発動することはできますか?
A:いいえ、できません。(11/05/02)

Q:《閃光の双剣−トライス》《ダブルアタック》等の他のカードの効果で既に2回攻撃ができる状態のモンスター対象にこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/05/02)

Q:《シューティング・スター・ドラゴン》効果で5回チューナーをめくった後に、このカードの効果《シューティング・スター・ドラゴン》を指定した場合、何回攻撃できますか?
  また、逆の手順の場合も何回攻撃できますか?
A:前者の場合、《ダイガスタ・フェニクス》の効果発動できないため5回。
  後者の場合、《シューティング・スター・ドラゴン》効果発動できないため2回となります。(12/09/20)

Q:2回攻撃能力を与えた後で、そのモンスター属性が変わった場合も付与された効果は有効ですか?
A:有効です。(11/08/12)

Q:2回攻撃できる効果適用された後で、このモンスター効果が無効化された場合、効果適用されたままですか?
A:はい、適用されたままです。(12/05/16)

広告