《ダメージ・ダイエット/Damage Diet》

通常罠
このターン自分が受ける全てのダメージは半分になる。
また、墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
そのターン自分が受ける効果ダメージは半分になる。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した通常罠
 全てのダメージを半分にする効果と、効果ダメージを半分にする2つの効果を持つ。

 前半の効果発動したターン内に発生した自分が受ける全てのダメージを半減させる効果
 【ビートバーン】のような戦闘ダメージ効果ダメージを併用する相手に有効となる。
 プレイヤーが受けるダメージを完全に無くせないために自分ライフポイントが少ない時は役に立たないが、バーン効果と高攻撃力を合わせ持つモンスターの猛攻を1枚で耐え凌げるのは利点である。
 また、《Emトリック・クラウン》《H・C サウザンド・ブレード》などの蘇生ダメージを受けるリスクを減らすことができる。
 後半の効果もあるため、複数回使用可能。

 後半の効果は、発動したターン内に発生した効果ダメージを半減させる効果
 8000ポイントのダメージでギリギリ勝利することが目標とされる【フルバーン】など、手札が切れやすいバーンデッキに対しては中々に刺さる。
 それ以外にもモンスターによるバーンは少なくなく、それらを軽減できるのは中々。

 戦闘ダメージ効果ダメージの両方に対応するメタカードには、《ホーリーライフバリアー》《レインボー・ライフ》も存在している。
 こちらは手札コストが不要で墓地からも効果を発揮できるが、大量展開を行う1ターンキルデッキに対しては凌ぎきれない事もあり、【ライトロード】等で後半の効果だけ使うにしても微妙である。
 ダメージ戦闘破壊が発生することを利用して、《痛恨の訴え》などと組み合わせたり、《門前払い》リクルーター自爆特攻によるコンボに用いたりすると良いだろう。
 これらのデッキでパーツが揃わない場合でも、発動しておけば相手攻撃も凌げるのはメリットとなる。

  • アニメ5D'sの「遊星&鬼柳vsロットン」戦において遊星がこのカードの前半の効果の下位互換である《ハーフ・シールド》を使用している。

関連カード

墓地の自身を除外して効果を発動できる罠カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/07/16)

Q:自分メインフェイズ以外でも墓地のこのカード除外して発動できますか?
A:はい、ダメージステップ以外なら自分メインフェイズ時以外のタイミングでも発動できます。(11/07/16)

Q:同一ターンに2枚(回)発動した場合、ダメージは1/4もしくは0になりますか?
A:いいえ、1/2になるだけです。(11/07/16)


Tag: 《ダメージ・ダイエット》 通常罠

広告