《ツインヘデッド・ビースト/Twinheaded Beast》

効果モンスター
星6/炎属性/獣族/攻1700/守1900
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 遊戯王デュエルモンスターズ エキスパート3 付属カードで登場した炎属性獣族上級モンスター
 1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる永続効果を持つ。

 総攻撃力は3400となるが、並の下級アタッカー以下の攻撃力しか持たない。
 その重さもあって、単純に強化を前提とするならば《不意打ち又佐》を用いたほうが使いやすい。

 ペンデュラム召喚も併用すれば上級モンスターゆえのディスアドバンテージも回避しやすいが、対モンスター性能を考えるとやはり使いにくさは否めない。
 基本的に属性種族サポートカードを用いて、より爆発力を高めることを前提としたい。

 《幻獣の角》を使えば攻撃力2500の2回攻撃となり、攻撃力の低さを補いつつ最大2枚ドローできる。
 また、《野性解放》することでその高い守備力の数値が加算され攻撃力3600となり、爆発的なダメージを与えることもできる。

 そのほか、《キャトルミューティレーション》発動すれば、2回攻撃を2回行えるため、4回攻撃が可能である。
 《炎王炎環》との相性もよく、追撃だけでなく相手ターンで無防備なこのカードを入れ替える目的でも利用できる。
 《炎王の急襲》からのリクルートを用いれば、墓地へ置くことも難しくない。
 リクルート時は効果無効になるため、単体では優先しがたいものの、ここから上記《キャトルミューティレーション》とのコンボを狙ったり、《陽炎獣 サーベラス》エクシーズ召喚を狙うといった動きでカバーできる。
 フィールド魔法1枚で下級アタッカーを抑えて一気に爆発力を上げられるので、炎王などと共有できる《オレイカルコスの結界》《バーニングブラッド》を併用しても良いだろう。

 上級モンスターとして、単体ではやや力不足な点は否めない。
 だが、型にはまればなかなか痛快なコンボを繰り出せ、状況によっては1ターンキルも可能である。
 無論、攻撃力上昇系カードと併用した場合、除去された場合のディスアドバンテージが大きくなってしまう。

  • 「vsミスターT」(2戦目)では、ミスターTが《ダーク・アーキタイプ》の効果手札から墓地に送っている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ツインヘデッド・ビースト》 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 獣族 攻1700 守1900

広告