《デス・ウイルス・ドラゴン/Doom Virus Dragon》

融合・効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1900/守1500
このカードは「クリティウスの牙」の効果で
自分の手札・フィールドの「死のデッキ破壊ウイルス」を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのモンスター、相手の手札、
相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
その内の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 《クリティウスの牙》《死のデッキ破壊ウイルス》墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる召喚条件特殊召喚時に相手手札フィールド発動から相手ターンで数えて3ターンの間にドローしたカードの中の攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊する誘発効果を持つ。

 その効果エラッタ前の《死のデッキ破壊ウイルス》そのものであり、破壊によるカード・アドバンテージと、ピーピングによる情報アドバンテージの両方を得られる。
 エラッタ前の《死のデッキ破壊ウイルス》と同様に、《マインドクラッシュ》等のハンデスカードとも相性が良い。
 ただし、《クリティウスの牙》通常魔法である為、スペルスピード発動タイミング等はかつての《死のデッキ破壊ウイルス》と異なる。

 問題は特殊召喚に必要なカードがいずれもサーチが難しく、加えて、エラッタ後の《死のデッキ破壊ウイルス》が「とりあえず採用」というデッキも見られた昔のようなパワーカードではなくなった点にある。
 また、《死のデッキ破壊ウイルス》発動してしまうと、このカード特殊召喚しにくくなり、サルベージするにしても各手段はどれも癖がある。
 《クリティウスの牙》を複数枚採用するデッキに、《死のデッキ破壊ウイルス》も採用した上で出せればラッキーくらいに思うのが無難か。

 特殊召喚時の誘発効果である為、罠カード等で除去されても効果自体は持続するのでアドバンテージは失いにくい。
 しかし、《エフェクト・ヴェーラー》《ブレイクスルー・スキル》等で効果無効にされると、2枚のカードを消費して低ステータスバニラを出しただけになってしまう。
 元々必要なパーツを揃えにくいカードではあるが、召喚のタイミングは慎重に見極めたい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デス・ウイルス・ドラゴン》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 ドラゴン族 攻1900 守1500 正規の方法以外での特殊召喚不可 融合召喚不可

広告