《トークン》(榊遊矢)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

遊矢:『揺れろ魂のペンデュラム!天空に描け光のアーク!!』

 遊☆戯☆王の日 参加賞で登場したトークンカード
 イラストには榊遊矢と《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》が描かれている。
 このイラストザ・デュエリスト・アドベントの店頭ポスターにも使われている。

  • 原作・アニメにおいて―
    遊戯王ARC-Vの主人公である中学2年生の少年。
    人を楽しませることが好きらしく、父のような「エンターテインメント・デュエリスト」になるべく、「遊勝塾」でアクション・デュエルの腕を磨いている。
    同じ顔という設定の人物として、ユートユーゴユーリの3人が登場しており、作中ではその関係性が焦点になっている。(詳細は後述)
  • 遊戯王シリーズの主人公は特定のカテゴリに属さないモンスターも度々使用しているが、彼のみそういったモンスターを殆ど使用していない。
    作中でEM及び魔術師以外のモンスターを使用する場合、それらは入手や誕生の経緯がストーリー上明確に描写されている事が多い。
  • 乱入・中断・省略されたデュエルが歴代の主人公よりも非常に多い。
    また、アクションデュエル・乱入ルール下で戦っているため、従来のようなあらかじめ所持しているデッキカードのみを使った1対1で行うデュエルはかなり少ない。
  • エクシーズ次元でローラー装置を靴に取り付けて以降は、高速移動でアクションカードを拾いやすくなっている。
    しかし、スタンダード次元やシンクロ次元に来て間もない頃にやっていたモンスターに乗るようなデュエルは全く行わなくなってしまっている。
    また、彼に限ったことではないが、アクションデュエルのルールを知らない相手に対してもデュエル前に特に説明はせずにアクションデュエルに持ち込む。
    劇中では「アクションデュエルはランサーズの戦い方・武器」と称せられているのでそれに則ったスタイルなのだろう。
  • その正体はデュエリスト「ズァーク」が分裂して生まれ変わった存在である。
    ズァークはかつて1つだった世界に存在し、世界を破滅の一歩手前まで追い込んだが、「レイ」が使用した自然の力を持ったカードによって、一つだった世界・レイとともに4つに分裂した。
    そのせいか彼の父・遊勝は遊矢が生まれた時の記憶がないらしく、「ズァークが自らの分身を育てるために自分の息子として生まれ変わったのではないか」と推察している。
  • 上記の繋がり故に作中でユートと一体化しており、感情が高ぶった時には暴走状態となることもあった。
    またエクシーズ次元からユートと会話をすることも可能になった。
  • ズァークの意識に乗っ取られかけた時は発光する赤目になっており、完全にズァーク化した遊矢の目は《覇王龍ズァーク》と同じ発光する黄色目となっていた。
    また元々のズァークの目の色は黄色目だが、回想でのズァークが《覇王龍ズァーク》と化した後は発光する赤目で、レイに分裂される間際は時が経過して変化したのか発光する黄色目となっていた。
  • 精神的な揺らぎや悩みなどが多く描写されるキャラクターでもあり、作中でも柊修造に「すぐ後ろ向きになる性格」と指摘を受けていた。
    勝利を確信したときなどに過剰にエンタメを披露してしまうことも多く、権現坂や修造からやりすぎだと指摘された場合もあった。
  • 「遊矢vsデニス」戦で遊矢が使用した永続魔法《ホープ・ステアーズ》・《チャレンジ・ステアーズ》には遊矢がデフォルメされたようなミニキャラがイラストに描かれている。
  • 漫画版では、アニメ版にあるような後ろ向きな面がほとんどなく、常にエンターテイナーとして振る舞う明るい性格となっている。
    一部の記憶が欠落しており、過去の記録が一切なくどこから来たのか分からない謎の存在で、赤馬零児によるといずれ世界を滅ぼす「運命の因子」らしい。
    物語開始当初から上記の3人と同体の四重人格であり、通常は遊矢が表に現れているが自分の意志で自由に主人格を変えられる。
    デュエルでは状況に応じて主人格を変更することで多彩な戦術を繰り出している。
  • 遊戯王特有の個性的な髪形をしているが、視聴者から見てその配色からトマトに似ているとファンからは言われることもある。
    公式で意識されているのか不明だが、遊戯王カフェにおける彼のメニューにはトマトが使われていることが多い。

関連カード

収録パック等

広告