《トポロジック・ゼロヴォロス》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左上/右上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
自分はこのカードのリンク先となるEXモンスターゾーンにモンスターを出せない。
(1):このカードの攻撃力は除外されているカードの数×200アップする。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。
フィールドのカードを全て除外する。
(3):このカードが自身の効果で除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−リボルバー−で登場する闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先エクストラモンスターゾーンモンスターが出せない効果外テキスト除外されたカードの数だけ強化する効果リンク先モンスター特殊召喚された場合に全体除去を行う効果、自身の効果除外されている場合に帰還する効果を持つ。

 《マズルフラッシュ・ドラゴン》と同じくリンク先モンスターが出せない。
 ただしこちらにかかる制限はエクストラモンスターゾーンのみなのでメインモンスターゾーンに出すことはできる。

 (1)は自己強化
 自分相手を問わず、《強欲で貪欲な壺》を1枚使うだけで2000の強化になる。
 (2)の効果除外すればさらに増加させることができる。

 (2)はフィールドのカード除外する効果
 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》と似たような効果だが、こちらはフィールドのカード全てを除外によって除去する。
 あちらと同じくフリーチェーン特殊召喚カードを擬似的な全体除去カードとして扱うことができる。
 効果外テキストにより自身の展開が制限されるが、右下、左下のリンクマーカーを持つモンスターエクストラモンスターゾーンに置いておけばリンク先は確保できる。

 しかし、自分カードも全て除外されるため、防御用のカードがないと直接攻撃を受けてしまう。
 メインモンスターゾーンの中央に配置することでエクストラモンスターゾーンの使用を牽制できる様に見えるが、相手は適当なリンクモンスターリンク先に出すだけでこの効果を発揮できる。
 そのため、相手フィールドカードが少ない状況でこのカードを出すと自分が一方的に損になってしまう。
 全体除去を行った後も自分が攻めづらくなるため、出すタイミングを間違うと不利になりかねない。
 相手の行動を牽制するのが狙いなら、《速攻のかかし》などを握った状態にしておきたい。

 (3)は自身の効果除外された場合に帰還する効果
 (2)の効果除外されたカードが他にあれば(1)の強化につながる。
 しかし、帰還が遅いので攻撃される可能性が高く、やはり手札誘発などで守りたいところ。
 相手エンドフェイズに(2)を発動できれば、フィールドのカードをがら空きにした上で即座に帰還するので高い攻撃力で攻め込める。

 総合的に見た場合、自身を含めた自分カードまで全て除外するため不利になりやすく、牽制を狙うにしても、相手直接攻撃が行われやすくなるため扱いが難しいカードである。
 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》《トポロジック・トゥリスバエナ》などに比べてカードの種類を問わず除外で対処するため除去力では勝るので、基本的には能動的な除外を使い、帰還後に攻めるという動きを行いたい。

関連カード

―《トポロジック・ゼロヴォロス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《トポロジック・ゼロヴォロス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 闇属性 サイバース族 攻3000

広告