《トポロジック・ゼロヴォロス/Topologic Zeroboros》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左上/右上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
自分はこのカードのリンク先となるEXモンスターゾーンにモンスターを出せない。
(1):このカードの攻撃力は除外されているカードの数×200アップする。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。
フィールドのカードを全て除外する。
(3):このカードが自身の効果で除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−リボルバー−で登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先エクストラモンスターゾーンモンスターが出せない効果外テキスト除外されたカードの数だけ強化する永続効果リンク先モンスター特殊召喚された場合に全体除去を行う誘発効果、自身の効果除外されている場合に帰還する誘発効果を持つ。

 《マズルフラッシュ・ドラゴン》と同じくリンク先モンスターが出せない。
 ただしこちらにかかる制限はエクストラモンスターゾーンのみなのでメインモンスターゾーンに出すことはできる。

 (1)は除外されたカードの枚数に比例する自己強化
 除外されたカードの持ち主は自分相手を問わず、(2)の効果除外したカード強化につながる。
 《強欲で貪欲な壺》を使うだけでも2000の強化になる。
 除外コスト特殊召喚可能な《妖精伝姫−シラユキ》《機巧蛇−叢雲遠呂智》も大幅な強化につながり、このカードリンク素材として役立つ。

 (2)はフィールドのカードを全て除外する全体除去効果
 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》と似た効果であり、あちらと同じくフリーチェーン特殊召喚カードを擬似的な全体除去カードとして扱うことができる。
 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》と比べ、こちらはエクストラモンスターゾーン魔法・罠カード除去できる点で長ずる。
 一方で、このカードも含めてすべて除外されるため、他のカードを出しにくくなる。
 相手ターン発動した場合、直接攻撃のチャンスを相手に与えてしまう。
 破壊ではなく除外である点は一長一短で、除去カードとしての性能は大きく上回るが、自分ヴァレット破壊トリガーとするカードとのコンボは組めない。

 (3)は自身の効果除外された場合に帰還する効果
 相手エンドフェイズに(2)を発動できれば、フィールドのカードをがら空きにした上で即座に帰還し、(1)で攻撃力を高めて直接攻撃が狙える。
 なお帰還後はメインモンスターゾーンに置かれるため、自身のリンクマーカーエクストラモンスターゾーンにしか向かない。
 モンスターを出せない制約上、自身のリンク先モンスターを出して自発的に(2)の効果を再発動するのは不可能になる。
 一応、ほかのリンクモンスターリンク先特殊召喚を行えば(2)の再発動は可能だが、消費が多く現実的ではない。

 帰還後はメインモンスターゾーンの中央に配置すると、相手エクストラモンスターゾーンへの特殊召喚トリガーに(2)の再発動を狙える。
 エクストラデッキからの特殊召喚を牽制できるが、(2)は強制効果のため、直接攻撃のチャンスを相手に与えてしまう欠点がそのまま残る。
 相手リンクリンクモンスター等をエクストラモンスターゾーンに出すことで、少ない消費で暴発させることが可能。
 相手に余力がある場合、エクストラモンスターゾーンの後ろのメインモンスターゾーンに配置し、リンク先となるモンスターゾーンがなくなる状態にしておきたい。

 総合的に見た場合、自身を含めた自分カードまで全て除外するため不利になりやすく、牽制を狙うにしても、相手直接攻撃が行われやすくなるため扱いが難しいカードである。
 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》《トポロジック・トゥリスバエナ》などに比べてカードの種類を問わず除外で対処するため除去力では勝るので、基本的には能動的な除外を使い、帰還後に攻めるという動きを行いたい。
 全体除外でガラ空きになる状況をPSYフレームギアなど手札誘発で守ることも考慮したい。

 除外効果は使用せず、他のカードで大量除外を行い、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》と同様にアタッカーにする運用も考えられる。

関連カード

―《トポロジック・ゼロヴォロス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《トポロジック・ゼロヴォロス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 闇属性 サイバース族 攻3000

広告