《トポロジック・ゼロヴォロス/Topologic Zeroboros》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:左上/右上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
自分はこのカードのリンク先となるEXモンスターゾーンにモンスターを出せない。
(1):このカードの攻撃力は除外されているカードの数×200アップする。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。
フィールドのカードを全て除外する。
(3):このカードが自身の効果で除外された場合、
次のターンのスタンバイフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−リボルバー−で登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先エクストラモンスターゾーンモンスターが出せない効果外テキスト除外されたカードの数だけ強化する永続効果リンク先モンスター特殊召喚された場合に全体除去を行う誘発効果、自身の効果除外されている場合に帰還する誘発効果を持つ。

 《マズルフラッシュ・ドラゴン》と同じくリンク先モンスターが出せない。
 ただしこちらにかかる制限はエクストラモンスターゾーンのみなのでメインモンスターゾーンに出すことはできる。

 (1)は除外されたカードの枚数に比例する自己強化
 除外されたカードの持ち主は自分相手を問わず、(2)の効果除外したカード強化につながる。
 《強欲で貪欲な壺》を使うだけでも2000の強化になる。
 除外コスト特殊召喚可能な《妖精伝姫−シラユキ》《機巧蛇−叢雲遠呂智》も大幅な強化につながり、このカードリンク素材として役立つ。

 (2)はフィールドのカードを全て除外する全体除去効果
 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》と似た効果であり、あちらと同じくフリーチェーン特殊召喚カードを擬似的な全体除去カードとして扱うことができる。
 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》と比べ、こちらはエクストラモンスターゾーン魔法・罠カード除去できる点で長ずる。
 一方で、このカードも含めてすべて除外されるため、他のカードを出しにくくなる。
 相手ターン発動した場合、直接攻撃のチャンスを相手に与えてしまう。
 破壊ではなく除外である点は一長一短で、除去カードとしての性能は大きく上回るが、自分ヴァレット破壊トリガーとするカードとのコンボは組めない。

 (3)は自身の効果除外された場合に帰還する効果
 相手エンドフェイズに(2)を発動できれば、フィールドのカードをがら空きにした上で即座に帰還し、(1)で攻撃力を高めて直接攻撃が狙える。
 なお帰還後はメインモンスターゾーンに置かれるため、自身のリンクマーカーエクストラモンスターゾーンにしか向かない。
 モンスターを出せない制約上、自身のリンク先モンスターを出して自発的に(2)の効果を再発動するのは不可能になる。
 一応、ほかのリンクモンスターリンク先特殊召喚を行えば(2)の再発動は可能だが、消費が多く現実的ではない。

 帰還後はメインモンスターゾーンの中央に配置すると、相手エクストラモンスターゾーンへの特殊召喚トリガーに(2)の再発動を狙える。
 エクストラデッキからの特殊召喚を牽制できるが、(2)は強制効果のため、直接攻撃のチャンスを相手に与えてしまう欠点がそのまま残る。
 相手リンクリンクモンスター等をエクストラモンスターゾーンに出すことで、少ない消費で暴発させることが可能。
 相手に余力がある場合、エクストラモンスターゾーンの後ろのメインモンスターゾーンに配置し、リンク先となるモンスターゾーンがなくなる状態にしておきたい。

 総合的に見ると、自身を含めた自分カードまで全て除外するため、出すタイミングを見誤ると不利になりやすく扱いが難しいカードではある。
 特に相手によって強制的に発動されてガラ空きになった隙を狙われて一斉攻撃で敗北するリスクは懸念材料。
 一方で、他のトポロジックに比べてカードの種類を問わず除外で対処するため除去力では明確に勝る。
 使用する場合は能動的に(2)を発動できる状況を整えておき、返しのターンに攻めるという動きを行いたい。
 特に上述した《機巧蛇−叢雲遠呂智》《妖精伝姫−シラユキ》フリーチェーン特殊召喚できるので相手ターンでのトリガーに適する。
 全体除外でガラ空きになる状況をPSYフレームギアなど手札誘発で守ることも考慮したい。

 【除外ビートダウン】で使用する場合は《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》と同様に単純なアタッカーにする運用も考えられる。
 元々《機巧蛇−叢雲遠呂智》《妖精伝姫−シラユキ》とは相性が良いデッキなので(2)の使い勝手も悪くない。

  • リンク召喚時の口上は「とこしえの創世より、無限に再生するゼロ!出現せよ!リンク4!《トポロジック・ゼロヴォロス》!」。
  • 攻撃名にある「終熄」は「終息」と同じ意味だが、「熄」には「火が消える」という意味がある。
    このカードが使われた対戦の相手は炎属性使いのSoulburnerであり、関連性を匂わせる攻撃名となっている。
  • (2)の効果を使用した際、フィールド上の床に円で囲われた自身と同じ形の三葉結び目のマークが浮かび、それが激しく光って全てのカードを消し飛ばす演出がなされた。
    また、(3)の効果使用時には空中に光の軌跡で×が描かれた後にリンクマーカーの文様が現れ、そこから出現する演出であった。

関連カード

―《トポロジック・ゼロヴォロス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《トポロジック・ゼロヴォロス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 闇属性 サイバース族 攻3000

広告