《トラップ・イーター/Trap Eater》

チューナー(効果モンスター)
星4/闇属性/悪魔族/攻1900/守1600
このカードは通常召喚できない。
相手フィールド上に表側表示で存在する罠カード1枚を
墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。 

 CRIMSON CRISISで登場した闇属性悪魔族特殊召喚モンスターチューナー
 コストとして相手罠カード除去しつつ、自身を特殊召喚する召喚条件を持つ。

 永続罠装備罠に対する《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》というべきカード
 チェーンを組まない特殊召喚コストとして罠カード墓地へ送るため、《宮廷のしきたり》《天罰》などの多くの防御カードをすり抜ける。
 《神の宣告》特殊召喚無効にして破壊された場合も、特殊召喚コストとして既に墓地へ送られた罠カードは戻らない。
 召喚宣言を行なった時点で除去が確定するため、確実な除去が可能。
 攻撃力も1900と下級アタッカー程度はある上にレベル4のチューナーであり、特殊召喚後も使い途には困らない。

 ただし、通常召喚ができないため、相手が永続罠装備罠を使用しないと完全に腐る
 双方を使わないデッキは珍しくないため、メインデッキに投入するのはリスクが大きく、完全なサイドデッキ向けのカードである。

 また、幾つか除去できない永続罠も存在し、万能ではない。
 《マクロコスモス》フィールドにある場合、「コストとしてフィールドカード墓地へ送る」行為ができなくなるためこのカード特殊召喚自体ができなくなる。
 特殊召喚自体を封じる《虚無空間》も手出しできない他、フィールドの状況によっては《群雄割拠》《御前試合》にも特殊召喚を封じられてしまう。

 対処できるカードが乏しい上に腐りやすく、今のところは【フルモンスター】サイドデッキ《スキルドレイン》対策として投入できるかという程度。
 魔法カードを封殺する《王宮の勅命》ペンデュラムモンスター対策となる《魔封じの芳香》サイドデッキに入る機会はあり、それらへのメタにはなりうる。

  • 「クロウvsイェーガー」(2戦目)においてイェーガーが使用した永続罠《チューニング・バリア》のイラストに描かれている。
  • 漫画5D'sの「ジャックvsレクス・ゴドウィン」戦においてジャックが使用した魔法カード《オーバー・チューニング》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手ターン特殊召喚できますか?
A:いいえ、自分ターンメインフェイズ時のみです。(08/11/16)

Q:特殊召喚モンスターですか?
A:特殊召喚モンスターになります。(08/11/16)

Q:通常罠発動時に表側表示になったとき、それを墓地へ送ることで特殊召喚は可能ですか?
A:いいえ、できません。(08/11/16)

Q:相手フィールド《群雄割拠》自分フィールド悪魔族以外のモンスター表側表示で存在する時、相手フィールド《群雄割拠》墓地へ送って《トラップ・イーター》を特殊召喚できますか?
A:自分フィールド悪魔族以外のモンスター表側表示で存在する場合、《トラップ・イーター》を特殊召喚する事ができません。(09/09/06)

Q:《王宮の弾圧》墓地に送りこのカード特殊召喚を宣言しました。
  墓地に送られたその《王宮の弾圧》効果でこのカード特殊召喚無効にして破壊することができますか?
A:その場合、既に墓地に送られている《王宮の弾圧》効果発動する事はできません。(08/11/26)

Q:お互いフィールドのカードは5枚で、相手《宇宙の収縮》発動しています。
この場合、自分相手《宇宙の収縮》墓地へ送る事で、《トラップ・イーター》特殊召喚する事は可能ですか?
A:できません。(10/08/27)

Q:相手《虚無空間》墓地へ送る事で、自分《トラップ・イーター》特殊召喚する事は可能ですか?
A:その場合は不可能となります。(10/07/28)

Q:《異星の最終戦士》が存在する時、相手《スキルドレイン》墓地へ送る事で、自分は《トラップ・イーター》を特殊召喚する事は可能ですか?
A:はい、可能です。(15/09/11)


Tag: 《トラップ・イーター》 特殊召喚モンスター チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1900 守1600 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告