《トリックスター・ブルム/Trickstar Bloom》

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/天使族/攻 100
【リンクマーカー:下】
レベル2以下の「トリックスター」モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
相手はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードのリンク先の「トリックスター」モンスターが
戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
相手の手札の数×200ダメージを相手に与える。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した光属性天使族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に相手ドローさせることができる誘発効果リンク先トリックスター破壊された場合に発動するバーン誘発効果を持つ。

 (1)は、リンク召喚に成功した場合に相手に1枚ドローさせることができる効果
 一応、《トリックスター・マンジュシカ》《トリックスター・リンカーネイション》とのコンボは成立する。
 しかし、相手に1枚のハンド・アドバンテージを献上するリスクは非常に大きく、上記のコンボもそのリスクに見合っているとはいいがたい。
 極端な話、相手手札誘発ドローされてしまえば大きな被害が発生することになる。
 任意効果なので、《便乗》トリガーにするなどコンボに利用できる時以外は発動しないでおくのが無難である。

 (2)は、リンク先トリックスター破壊された場合のバーン効果
 手札は温存される場合が多く、発動できればまずまずの効果ダメージが期待できる。
 しかし、この攻撃力耐性もないとあっては、リンク先モンスターより先にこのカード自身が破壊されてしまう可能性の方が高い。
 使うなら、自爆特攻等で能動的に破壊するしかないだろう。

 このカードを使用する場合、効果は殆ど無視して、モンスター1体でリンク召喚できるリンク1という点を活用することになるか。
 《トリックスター・ヒヨス》リンク素材に使えば自己再生効果で即座にリンク2のトリックスターリンクモンスターに繋げられる他、《トリックスター・ベラマドンナ》リンク召喚時にこのカードを経由する事であちらのバーン効果を増加させられる。
 また《トリックスター・ホーリーエンジェル》リンク先に存在しているトリックスターモンスターを使いこのカードリンク召喚する事で、あちらのバーン効果攻撃力の上昇効果を上乗せする事もできる。
 単純に墓地肥やしリンクマーカー要員として利用しても良いだろう。
 《トリックスター・スイートデビル》《トリックスター・ベラマドンナ》メインモンスターゾーンに出したい場合の選択肢にはなる。

  • 名前や周りに舞う花弁の形と色、頬のマークや緑と黄色を基調としたデザインなどからモチーフは有毒植物の「エニシダ」であると思われる。
    エニシダは英語で単にブルーム(broom)と呼ばれることがある。
    全体に毒を持ち、特に枝に強い毒があるが、医療薬剤としても用いられる。

関連カード

そのままでリンク素材になるトリックスター

レベル

レベル

収録パック等


Tag: 《トリックスター・ブルム》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 光属性 天使族 攻100 トリックスター

広告