《トリックスター・ホーリーエンジェル》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
「トリックスター」モンスター2体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのリンク先に「トリックスター」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、相手に200ダメージを与える。
(2):このカードのリンク先の「トリックスター」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。
(3):「トリックスター」モンスターの効果で相手がダメージを受ける度に発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのダメージの数値分アップする。

 CODE OF THE DUELISTで登場した光属性天使族リンクモンスター
 トリックスター召喚特殊召喚トリガーバーンを行う永続効果リンク先トリックスター耐性を与える永続効果トリックスターモンスター効果による効果ダメージに応じて自己強化する誘発効果を持つ。

 リンク素材縛りはあるがリンクは2なので、【トリックスター】ならばリンク召喚は容易い。
 《トリックスター・キャンディナ》《トリックスター・リリーベル》サーチしそのまま特殊召喚すれば素材は揃う。
 《トリックスター・キャンディナ》フィールド魔法《トリックスター・ライトステージ》サーチ可能なのでアクセスは非常に容易。

 リンクマーカーは両斜め下なので、メインモンスターゾーンではなくエクストラモンスターゾーンに出すことになる。
 序盤に出せれば後続のエクストラデッキからの展開も楽になるだろう。
 攻撃力は高くないため戦闘破壊には気を付けたいが、自身の(1)の効果と(3)の効果が噛み合っているため上手くデッキが回れば攻撃力もそれなりの数値となる。

 (1)の効果リンク先トリックスター召喚特殊召喚トリガーにしたバーン効果
 ダメージ数値は低いが、自身の(3)の効果を始めとした各種トリックスターカード効果発動トリガーになる。
 しかし自身の(2)の効果トリックスターリンク先から離れる状況が限られる為、何度も発動するのは難しくなっている。

 (2)の効果リンク先トリックスターへの破壊耐性付与。
 トリックスターは全体的にステータスが低いため戦闘破壊耐性を付与できるのは場保ちの面でも心強い。
 ただし、その分だけ肝心のこのカードが狙われやすくなるとも言える。

 (3)の効果トリックスターモンスター効果ダメージに応じた自己強化
 トリックスターの1回に与えるバーンダメージはあまり多くないので、なるべく繰り返し発動して強化に努めたい。
 比較的ダメージ量が期待できるのは《トリックスター・マンジュシカ》《トリックスター・リンカーネイション》コンボだろう。

  • 名前の由来は「ホリホック」とも呼ばれるアオイ科の多年草「タチアオイ」だろう。
    他のトリックスターとは逆に、薬効のある植物である。
  • 容姿に関しては、d-データにて「使用者(ブルーエンジェル)に似てかわいい」と紹介されている。
    また、OCGイラストに比べて胸元の露出が抑えられ、髪型がポニーテールへと変更されている。

関連カード

―《トリックスター・ホーリーエンジェル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《トリックスター・ホーリーエンジェル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 天使族 攻2000 トリックスター

広告