《ドゥーブルパッセ/Doble Passe》

通常罠
(1):相手モンスターが自分フィールドの表側攻撃表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
攻撃対象モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与え、
その相手モンスターの攻撃を自分への直接攻撃にする。
その自分のモンスターは、次の自分ターンに直接攻撃できる。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した通常罠
 相手モンスターへの攻撃直接攻撃に変更し、攻撃対象となったモンスター攻撃力分の効果ダメージを与え、次のターン直接攻撃を可能とする効果を持つ。

 相手直接攻撃を許すことになるが、自分効果ダメージ直接攻撃で2倍のダメージを与えることができるようになる。
 デメリットとしては、相手直接攻撃で致命傷を受けかねない点、次の自分ターンまでに対策されやすい点、攻撃対象となるモンスターを用意しなければならず大抵は攻撃力が劣る場合が多い点である。
 自分モンスターを守って効果ダメージを与えるだけなら《魔法の筒》の方が扱いやすいので、このカードの特性を考慮して採用することになる。

 相手からの《N・グラン・モール》などによる戦闘を介した除去や、リクルーターなどの自爆特攻に対して発動できれば大きなリターンが望める。
 また、自分側のモンスターとしては《首領・ザルーグ》などの戦闘ダメージを与えたときアドバンテージを得られるモンスターとは相性がよい。
 特に、アタッカーには届かずモンスター戦闘破壊は狙いにくいがある程度の攻撃力は持っている、というラインが発動しやすさと威力を両立しやすい。
 他には、効果耐性を持っているカードであれば、戦闘破壊を回避した上で確実性の高い直接攻撃を狙うことができる。

 相手からの直接攻撃ダメージ発動条件とするカードを高い奇襲性で発動する事もできる。
 例えば《閃光弾》なら、魔法・罠カードセットメインフェイズ2に行う事が多いため次のターン直接攻撃も安全に通しやすくなる。

  • フランス語で「Double(ドゥブル)」は「二重の」、「Passe(パッセ)」は「通過する」を意味する。
    どちらも日本ではバレエ用語として使用されている。
    このカードの場合、お互いモンスター相手モンスターを通過し、互いに直接攻撃する、といった意味合いだろう。
  • 明日香が頻繁に使用するカードだったが、OCG化は遅かった。
  • 漫画ではカード名に中点が入り、《ドゥーブル・パッセ》となっていた。
  • 遊戯王Rでは、アニメと酷似した効果の《掠める弾丸》が登場している。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時攻撃モンスターが存在しなかった場合、自分モンスター直接攻撃可能になる効果適用されますか?
A:適用されます。(14/05/19)

Q:相手モンスター自分フィールド攻撃力0の表側攻撃表示モンスター攻撃宣言した時に発動できますか?
A:はい、発動できその場合このカード効果ダメージを与える事ができず直接攻撃にする効果適用されず通常通りにモンスター同士で戦闘を行ないます。また、その自分モンスター戦闘破壊されずフィールドに残った場合、次の自分ターン直接攻撃できます。(14/05/29)

Q:このカードの発動チェーンをして《魔法の筒》発動し、攻撃無効になった場合、ダメージを与えて直接攻撃にする効果と次の自分ターン直接攻撃できる効果適用されますか?
A:その場合、ダメージを与えて直接攻撃にする効果適用されませんが、次の自分ターン直接攻撃できる効果適用されます。(14/05/29)


Tag: 《ドゥーブルパッセ》 通常罠

広告