《ドラゴン・ウォリアー/Ryu Senshi》

融合・効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2000/守1200
「戦士ダイ・グレファー」+「スピリット・ドラゴン」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
通常罠カードが発動した時、1000ライフポイントを払う事でその効果を無効にする。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードを対象にする魔法カードの効果を無効にし破壊する。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した地属性戦士族融合モンスター
 融合素材代用モンスターを使用できない召喚制限通常罠効果無効にする誘発即時効果、自身を対象にする魔法カード効果無効にする永続効果を持つ。

 融合モンスターの中でも、比較的場持ちの良い部類に入る。
 カウンター罠永続罠には対応できないとは言え、通常罠効果無効化できる点は大きい。
 《次元幽閉》《激流葬》と言った攻撃宣言反応型や召喚反応型だけでなく、《強制脱出装置》等のフリーチェーン罠カード無効化できる。

 また、《禁じられた聖槍》《月の書》等の対象をとる魔法カードにも強く、《精神操作》コントロール奪取もされない。
 これにより上記の罠カードを含め、殆どの伏せカードを気にせずに攻撃を通すことが可能となる。
 蘇生制限を満たせば《再融合》から完全蘇生を狙えるのも大きなメリットだろう。
 しかし、逆に言えばこちらの《禁じられた聖槍》《禁じられた聖衣》耐性を与えられないということでもある。
 そのため《ブラック・ホール》等の対象を取らない魔法カードモンスター効果全般にはほぼ無力と言える。

 加えてステータスの低さからサポート無しでは《フォトン・スラッシャー》などの高攻撃力モンスターにも対処されてしまう。
 この点は《強制脱出装置》等の妨害札や強化カードを使う等で厄介なモンスターから守りたい。
 《召魔装着》強化だけでなく《魔装戦士 ドラゴディウス》《魔装戦士 ドラゴノックス》リクルートでき、効果《戦士ダイ・グレファー》と相性が良い。

 融合素材はいずれも《融合徴兵》《融合準備》サーチサルベージ《E・HERO プリズマー》カード名のコピーが可能。
 加えて《戦士ダイ・グレファー》《レスキューラビット》《予想GUY》リクルートできる等、融合素材として扱いやすい部類に入る。
 《スピリット・ドラゴン》【凡骨ビート】では自身の効果が活かせるため採用が検討できるだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画GXの「十代vs万丈目(1戦目)」で、万丈目が《竜の戦士(ドラゴン・ウォリアー)》というモンスターを使用している。
    4・攻撃力1500・守備力1000の通常モンスターであり、姿も中身もこのカードとは全く異なる。
    なお、このカードOCGに登場したのは、漫画に《竜の戦士》が登場するよりも遥かに前である。

関連カード

―類似効果

融合素材

収録パック等

FAQ

Q:《早すぎた埋葬》《再融合》蘇生した場合、それらのカードはどうなりますか?
A:蘇生チェーンを作らず《ドラゴン・ウォリアー》の効果で、その装備カード破壊します。
  もちろん《ドラゴン・ウォリアー》はフィールドに残り破壊されません。

Q:ダメージステップ中に誘発即時効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/03/24)


Tag: 《ドラゴン・ウォリアー》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星6 地属性 戦士族 攻2000 守1200

広告