《ナチュル・ガイアストライオ/Naturia Giastrio》

融合・効果モンスター
星10/地属性/岩石族/攻3200/守2100
地属性Sモンスター×2
(1):フィールドのカード1枚のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
手札を1枚墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した地属性岩石族融合モンスター
 手札コスト1枚でフィールドのカード1枚を対象とする効果発動無効にして破壊できる誘発即時効果を持つ。

 1ターンに1度の制約もないため、手札がある限り対象をとる効果によって除去される心配はない。
 自身以外のモンスターだけでなく、魔法・罠カードに対する《サイクロン》等の除去も妨害できるため、汎用性は高い。
 ステータスも高く、特に除去手段を対象をとる効果の多いエクシーズモンスターに頼るデッキでは、処理の難しい厄介なモンスターとなるだろう。
 とはいえ、《ブラック・ホール》《奈落の落とし穴》《励輝士 ヴェルズビュート》等、採用率の高いカードでこのカードに有効なものも決して少なくはないため、過信は禁物である。
 また、「フィールドのカード1枚のみを対象に」と指定されているため《スクラップ・ドラゴン》などの効果も防げない。

 融合素材に、地属性シンクロモンスター2体を指定されているため、正規融合しようとすると非常に重い
 可能な限り《ミラクルシンクロフュージョン》による融合召喚を狙いたい。
 通常、このカード融合召喚するためには前準備として2回以上のシンクロ召喚を経ている必要があるため、シンクロ召喚を多用し、特に地属性シンクロモンスターが主力となるデッキで扱うことになる。
 【スクラップ】【X−セイバー】《ミラクルシンクロフュージョン》を隠し味で投入すれば、いざという時の切り札として役に立つだろう。
 【ナチュル】ならば、融合召喚先として《ナチュル・エクストリオ》とこのカードを使い分けることもできる。

 エクストラデッキからの特殊召喚に制限はないため、正規の融合召喚を狙わずに《デビル・フランケン》《幻想召喚師》効果を用いて特殊召喚する事もできる。
 その場合、このカード召喚条件が似ている《ナチュル・エクストリオ》《地天の騎士ガイアドレイク》なども併用しやすくなる。
 上記の《ミラクルシンクロフュージョン》も合わせて、これらの高レベル融合モンスターを中心としたデッキを組んでみるのも一興だろう。
 ただし、それらと違い融合素材カード名が指定されていない関係で《融合呪印生物−地》効果による特殊召喚はできないので、併用する場合には注意が必要。

  • 名前は「ガイア」+「アストライアー」+「ライオ(獅子)」だろうか。
    「アストライアー(Astraea)」とはギリシャ神話に登場する、ゼウスとテミスの間の娘である。
    また、その名は「星乙女」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/07/19)

Q:既に表側表示になっているカード効果の発動に対し、発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/07/19)


Tag: 《ナチュル・ガイアストライオ》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星10 地属性 岩石族 攻3200 守2100 ナチュル

広告