《ノーブル・ド・ノワール/Patrician of Darkness》

効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻2000/守1400
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手モンスターの攻撃対象はこのカードのコントローラーが選択する。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した闇属性アンデット族上級モンスター
 相手モンスター攻撃対象を選択できる永続効果を持つ。
 攻撃対象に選択できるのは、あくまで自分フィールド上のモンスターのみである。

 攻撃対象を決められるため、相手にとって厄介なモンスターを並べればプレッシャーをかけられる。
 単純に《魂を削る死霊》などの戦闘破壊耐性を持つモンスターから、メタルデビル・トークン《死霊ゾーマ》に移し変えてダメージを狙うといった事まで、様々なコンボに使用できる。
 また、単純に攻撃力2000以下のモンスターから他のモンスターを守れる効果でもある。

 ただし、ステータス上級モンスターとしては低く、《フォトン・スラッシャー》等にも簡単に戦闘破壊されてしまう数値である。
 高攻撃力を持つモンスターがいれば効果により守れるものの、除去を狙ってくる事は確実。
 《生者の書−禁断の呪術−》で何度も蘇生したり、《ツタン仮面》で守る等したいところ。
 「禁じられた」シリーズとは攻撃力の低下を気にせず使用できるので相性がよい。

  • ノーブル(noble)は英語などで「高貴な」、ノワール(noir)はフランス語で「黒」を意味する。
    カード名を和訳すると「黒い貴族」となる。
  • 英語名の「Patrician」は「貴族」を意味しており、和訳すると「闇の貴族」となる。
  • コナミのゲーム作品において―
    元々は真DM2で登場したオリジナルカード
    この時は効果は持っていなかった。
    攻撃方法と台詞が独特で、攻撃時には画面が暗転し、手を翳すと同時に無数のコウモリを出して攻撃する。
    台詞も、「私め」や「矜持」などと、どことなく貴族を彷彿させるような喋り方をする。
    同作品の攻略本では、「深い森にひっそりと住む、強大な力を持ったアンデット族の統治者。紳士的なアンデットとしても有名。」と説明されている。

関連カード

―類似効果

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果の処理手順について教えて下さい。
A:まず、相手攻撃宣言を行い一旦攻撃対象を選択し宣言します。
  その後、このカードのコントローラーである自分攻撃対象を選択します。(13/02/09)

Q:このカード自分フィールド上に存在する時、相手《サブマリンロイド》等の効果による直接攻撃自分フィールドモンスターへの攻撃に変更することは出来ますか?
A:はい、できます。
  ただし、プレイヤーしか攻撃対象にできない《因幡之白兎》攻撃の場合は、モンスター攻撃対象に選択する事はできません。

Q:自分フィールド上に《ノーブル・ド・ノワール》《地縛神 Aslla piscu》が存在する場合、相手モンスター攻撃対象《地縛神 Aslla piscu》にすることはできますか?
A:《地縛神 Aslla piscu》攻撃対象として選択する事はできません。(10/07/24)

Q:自分フィールド上にこのカード《青眼の銀ゾンビ》《ワイト》の3体が存在しています。
  相手《阿修羅》攻撃したいと思っている場合、どのような処理を行えばいいのでしょうか?
  (例えば、《ワイト》攻撃して対象を変更された場合に再び《ワイト》攻撃できるのか)
A:《阿修羅》をコントロールしている相手は、既に戦闘を行ったモンスター攻撃対象に選ぶ事はできません。(13/02/08)


Tag: 《ノーブル・ド・ノワール》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 アンデット族 攻2000 守1400

広告