《ノーマテリア/Gnomaterial》

効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻   0/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにカードが存在せず、相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
このカードを手札から捨て、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターはリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。

 EXTRA PACK 2019で登場した地属性天使族下級モンスター
 相手表側表示モンスターを、そのターンリリース及び各種素材にできなくする誘発効果を持つ。

 そのターン中の利用のほとんどを制限できるため、相手テンポ・アドバンテージを失わせることができる。
 特に《ローンファイア・ブロッサム》のような、展開の起点にはなるがステータスが低いモンスターに対して発動できれば、返しのターン戦闘ダメージも期待できる。
 初動の《星杯の神子イヴ》といった、エクストラモンスターゾーン特殊召喚されたリンクモンスター以外を対象にして効果発動すれば、相手エクストラデッキからの特殊召喚を実質的に封じることもできる。
 高速化した環境では相手の動きを1ターンでも鈍らせることの影響は大きいため、このカードができることの重要性は高い。

 ただし、「自分フィールドのカードが存在しない時」という発動条件の関係上、相手先攻ターン目以外は腐りやすい。
 特殊召喚に成功したタイミングにしか発動できないのもネックであり、上記のようなモンスターでも通常召喚されたものはまず止められない。
 また、コストへの利用に関しても除外墓地へ送るもの等は発動を許してしまう。

 その弱点を踏まえた上で初手に来やすいように枚数を増やすかどうかは環境を見て決めておきたい。

  • カード名は、「ノーム(gnome)」の女性形である「ノーマ(gnoma)」と「素材(マテリアル/material)」をかけている。
    素材にできなくするという効果の特性を踏まえると、「No Material」ともかけているとも解釈できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《ノーマテリア》の効果で「リリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。」状態になっている《青眼の白龍》《月の書》裏側守備表示にしました。
  《青眼の白龍》の「リリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。」状態は維持されますか?
A:いいえ、裏側守備表示になったのであれば、「リリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。」効果の適用はなくなります。(19/09/15)

Q:《ノーマテリア》の効果を受けているモンスター墓地へ送って《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》特殊召喚することはできますか?
A:はい、そのモンスター墓地へ送り《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》特殊召喚できます。(19/09/15)


Tag: 《ノーマテリア》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 天使族 攻0 守1000

広告