《ハーピィの羽根帚(はねぼうき)/Harpie's Feather Duster》

通常魔法(制限カード)
(1):相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

 遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 付属カードで登場した通常魔法
 相手魔法・罠カード全体除去する効果を持つ。
 不特定多数の魔法・罠カード破壊するので、対象をとる(指定する)効果ではない。

 魔法・罠カード《サンダー・ボルト》とも言える、破格の性能を持った全体除去カード
 魔法・罠除去として間違いなく最高クラスの性能を持ち、通常のビートダウンデッキでは必須カードと言っても過言ではない。
 ハーピィにも含まれるため、《ヒステリック・サイン》からのサーチも可能である。

 敵味方問わず魔法・罠カードを全て破壊する《大嵐》と比較すると、こちらは自分が使用している永続カード伏せカードを巻き込まない点で優れている。
 ペンデュラム召喚を行うデッキでもペンデュラムゾーンカード破壊せずに済むので、除去して即座にペンデュラム召喚で攻め込むことができる。
 反面《大嵐》と異なり、邪魔になった《スキルドレイン》ペンデュラムモンスター除去したい場合や、破壊発動する魔法・罠カードとのコンボには運用できない。
 もっとも、そのようなデッキは少ないため、ほとんどのデッキでは実質的に《大嵐》上位互換と認識しても問題ない。
 【次元ビートダウン】【ウィジャ盤】と言った《大嵐》の採用を見送られる事もあるデッキでも問題なく採用できる。
 このため、極一部のデッキ等を除いてほとんど全てのデッキに投入される必須カードとなっている。

  • GOLD SERIES 2014の収録カード投票では、当時禁止カードであるにも関わらず投票候補に選ばれたが、投票結果では上位に入らなかったために結局、収録される事はなかった。
    後に制限復帰を果たすことになるが、既にこの時点で予定されていたのだろうか。
  • 原作での出番は「闇遊戯vs孔雀舞」戦のみであるが、アニメでは同じく「決闘者の王国編」の「杏子vs舞」戦、「バトルシティ編」の「舞vsマリク」戦、「ドーマ編」の「城之内vs舞」(3戦目)でも舞が使用した。
    なお、アニメでは舞はこのカードをアンティとしてバトル・シティに参加している。
    アニメオリジナル「乃亜編」の「遊戯&城之内vsビッグ5」戦では、舞のデュエルを参考にした城之内が使用し、《伝説の都 アトランティス》破壊した
    また、「バトルシティ編」で、海馬が名蜘蛛に強化に使うように提示したカードの中にも確認できる。
  • アニメARC-V第60話において、徳松が看守にデュエルディスクを借りるために渡しており、看守が「レアカードだ」と発言する等、他の賄賂カードより強調されている。
    奇しくも、現実にも制限カードへの復帰と、収録機会の少なさとその全てが絶版であることから、高額取引されている最中の放送であった。
  • TAG FORCE 4では、禁止・制限解除モードのジャックがこのカードを3枚積みしている。
    禁止カード入りデッキは過去のシリーズでも登場しているが、OCG準拠のゲームで《ハーピィの羽根帚》を3枚積みしているのは彼が初めてである。

関連カード

相手フィールドのみの魔法・罠全体除去

―《ハーピィの羽根帚》メタ

―名前関連

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ハーピィの羽根帚》 魔法 通常魔法 ハーピィ

広告