《ハリケーン/Giant Trunade》

通常魔法(禁止カード)
フィールド上の魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。

 Magic Ruler −魔法の支配者−で登場した通常魔法
 フィールド上の魔法・罠カードを全て手札戻す効果を持つ。

 《大嵐》と同様に相手フィールド上の魔法・罠カードを空にすることができ、一撃を通すのには非常に有効である。
 除去方法がバウンス魔法・罠カード手札に戻しても、次のターンに再び相手セットされるので、基本的にはディスアドバンテージとなるが、バウンスしたターンに勝利できれば気にならない。
 バウンスしたターンに勝利できなくても、本命となるモンスターを展開できれば十分役目は果たしたと言えるだろう。

 《大嵐》と比較すると、一長一短の関係にある。
 《大嵐》破壊であり、一撃を通したい局面以外でも気軽に除去ができる反面、自分カードセットしていると使いづらく、《スターライト・ロード》などの破壊に対するメタカードもある。
 一方でこちらはバウンスであり、相手に次のターンを回すと再びセットされてしまうものの、自分カードセットしていても気兼ねなく使え、バウンスに対するメタカードは少ない。

 《大嵐》にない利用法として、自分カードバウンスすることで多くのコンボ発動させることができる。
 自分フィールドに無意味に残った《リビングデッドの呼び声》バウンスして再利用、効果1ターンに1度しか使えない永続魔法フィールド魔法を使いまわす、等が最も基本的なコンボだろう。
 《光の護封剣》バウンスして有効期限を延ばし、相手の攻撃を防ぐこともできる。

  • 「ハリケーン(Hurricane)」とは、大西洋等の海で発生する熱帯低気圧の中で、最大風速が毎時64ノット(74マイル, 119km)以上のものを指す。
    名前はスペイン語の「暴風の神(Huracan)」に由来する。
  • 英語名は《Giant Trunade》。
    「Hurricane」でなければ「Tornado(竜巻)」でもなく、スペルミスのようなカード名である。
  • 「遊戯王R」でも、城之内が使用。
    「vsメンド・シーノ」戦で「《ハリケーン》が来ればいいんだが…」と言及されるほど城之内のデッキでは重要視されている。
    「vsバンデット・キース」戦では、《邪神イレイザー》攻撃力を下げるべく《カード・ヘキサチーフ》でフィールドに固定された伏せカードを回収しようとしたが、《魔法解除》(《魔法除去》参照)に無効化された。
    彼曰く「切り札」。
  • DUEL TERMINALでは、スピードデュエルにおけるかんたんモードと最初のステージで城之内が使用。
    11/09/01の後に登場した第13弾では使用されなくなったが、デモ画面のデュエルには登場する。
    禁止カードになったためか、手札にあるだけで最後まで使用されない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:発動した《ハリケーン》も手札に戻しますか?
A:いいえ、発動した通常魔法カード墓地へ送る事が確定しているため、この《ハリケーン》は墓地へ送られます。

Q:《ハリケーン》にチェーンして速攻魔法通常罠発動した場合、そのカード手札に戻しますか?
A:いいえ、発動済みのカード手札に戻しません。
  ただし、《リビングデッドの呼び声》永続罠発動した場合は場に残り続けるため、それらも手札に戻る事となります。

広告