《バージェストマ・オパビニア/Paleozoic Opabinia》

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/水属性/水族/攻   0/守2400
レベル2モンスター×2
「バージェストマ・オパビニア」の(3)の効果は1ターンに1度しか発動できない。
(1):このカードは他のモンスターの効果を受けない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は「バージェストマ」罠カードを手札から発動できる。
(3):このカードが罠カードをX素材としている場合、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「バージェストマ」罠カード1枚を手札に加える。

 EXTRA PACK 2016で登場した水属性水族エクシーズモンスター
 他のモンスター効果を受けない永続効果バージェストマ手札から発動できる永続効果バージェストマサーチする起動効果を持つ。

 ランク2では最も高い守備力を持ち、(1)の耐性も相まってとして役立つ。
 とは言え、単に守りを固めたいだけならば効果破壊も防げる《ガチガチガンテツ》や、戦闘破壊耐性を持ちつつアタッカーとしても使える《神騎セイントレア》も存在する。
 こちらを使用する場合は、(2)と(3)の効果によるバージェストマを中心とした運用を目指したい。

 (3)の効果サーチしたバージェストマは(2)の効果により即座に手札から発動できるので、罠カードの弱点である遅行性や除去への弱さを補うことができる。
 特に除去効果を持つ《バージェストマ・オレノイデス》《バージェストマ・ディノミスクス》永続効果を遮断できる《バージェストマ・カナディア》手札に保持しておくと心強い。

 【バージェストマ】ではアドバンテージを稼ぎつつ、弱点となる罠カードの遅さを補えるので戦術の中心となる。
 特に《増殖するG》と相性が良く、相手からすれば特殊召喚を行う度に妨害される確率が上がっていくため通常のデッキ以上の抑止力になり得る。
 レベル2なのでタブついたらエクシーズ素材に還元できる点も噛み合いが良い。

  • 「オパビニア」とは、ハルキゲニアなどと並んでバージェス動物群の中でも特に奇異な姿をしていることで知られる生物である。
    頭部には先端がハサミ状になった触手があり、ハサミで獲物をとらえた後、あたかもゾウの鼻のように触手の付け根付近にある口に運んでいたと考えられている。
    頭頂部には全部で5個もの大きな目玉があり、これによって上方360°の視界を確保していたとみられる。
    オパビニアの復元図が初めて学会で発表されたとき、そのあまりに奇妙な姿に会場全体が爆笑に包まれ、一時学会の進行が滞る事態になったというエピソードまである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《バージェストマ・オパビニア》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク2 水属性 水族 攻0 守2400

広告