《バーバリアン・キング/Battleguard King》

効果モンスター
星8/地属性/戦士族/攻3000/守1100
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの
戦士族モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
このターン、このカードは通常の攻撃に加えて、
この効果を発動するためにリリースしたモンスターの数まで
1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した地属性戦士族最上級モンスター
 自身を除く自分戦士族を任意の数リリースすることで、そのターンでの自身の攻撃回数を同じ数だけ追加する起動効果を持つ。

 攻撃力3000での複数回攻撃は魅力的で、局面によっては1ターンキルも視野に入る火力となるが、最上級モンスターであるため何らかの出すための手段を用意してやる必要がある。
 その上でモンスター効果の発動リリースを要求するため、かなり重いモンスターであると言っていい。
 有効に活かすためには構築段階からこのカードを意識する必要があるだろう。

 戦士族はサポートの多い種族であるが、高レベル戦士族特殊召喚する手段は意外に少なく、《バルキリー・ナイト》《剛炎の剣士》等、あまり使い勝手が良いとは言えない。
 特殊召喚する手段とリリースを別々に用意するよりも、戦士族モンスターを大量展開し、通常召喚してしまうのがやりやすいだろう。
 具体的には《聖騎士の追想 イゾルデ》《ヒーロー・キッズ》を展開するのが実用的で、召喚権が残っているなら2体をリリースして召喚、さらに2体をリリースして3回攻撃できる。
 1ターン待たされるが《聖騎士の追想 イゾルデ》はこのカードサーチできる点でも好相性。
 《H・C 強襲のハルベルト》《H・C サウザンド・ブレード》なども特殊召喚しやすく、相性は悪くない。
 その他、ペンデュラム召喚で展開できるイグナイトも、アドバンス召喚効果リリースを同時に用意できる。
 加えて《死皇帝の陵墓》《不死武士》《マジック・ストライカー》などでリリースを減らす工夫をしたい。

 レベル8なので《トレード・イン》に対応している。
 とりあえず墓地に置いておき、隙あらば蘇生1ターンキルを狙うような運用も考えられる。

 他の手段としては、《スター・ブラスト》レベル4にし、《切り込み隊長》特殊召喚したり《コピー・ナイト》発動すれば、それらをリリースして即座に2回攻撃ができる。

  • アドバンス召喚時の口上は「密林の奥地から巨木をなぎ倒し、現れるがいい。未開の王国に君臨する蛮族の王。《バーバリアン・キング》!」。

関連カード

―類似効果

―《バーバリアン・キング》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:先攻ターン目やメインフェイズ2にこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/04/23)

Q:このカードの効果適用された後に《スキルドレイン》効果無効になった場合でも複数回攻撃できますか?
A:はい、できます。(14/05/29)


Tag: 《バーバリアン・キング》 効果モンスター モンスター 星8 地属性 戦士族 攻3000 守1100

広告