《ヒュグロの魔導書(まどうしょ)/Spellbook of Power》

通常魔法
自分フィールド上の魔法使い族モンスター1体を選択して発動できる。
このターンのエンドフェイズ時まで、
選択したモンスターの攻撃力は1000ポイントアップし、
戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
デッキから「魔導書」と名のついた魔法カード1枚を手札に加える事ができる。
「ヒュグロの魔導書」は1ターンに1枚しか発動できない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した通常魔法
 魔法使い族1体の攻撃力を1000アップし、そのモンスター相手モンスター戦闘破壊した場合に魔導書サーチできる効果を持つ。

 攻撃力の上昇値は追加のメリット効果があるものとしては高く、装備魔法に比べ破壊による対処がされない点で勝る。
 ターン中のみで効果が切れるため反撃に注意が必要であるものの、サーチに成功すれば次のターンは別のモンスターに利用できるため、各種素材やコスト等に用いる場合はこちらのほうが都合が良い。
 メインフェイズ2シンクロ召喚を行い、《トーラの魔導書》除去に備えるなどの動きも可能で、このカード自身のサーチも容易であるため、応用力は他の単体強化カードと比べ高い。
 また、選択できるのは魔法使い族全般のため、魔導書に関するモンスター以外にも適用可能。

 特に攻撃力1500以上の下級アタッカーと組み合わせることで大いに活躍することができる。
 相手シンクロモンスターエクシーズモンスターに対抗できるようになり、《魔導戦士 フォルス》なら単体で3000に達して最上級モンスタークラスまで手が届く。
 ただし、このカード強化したモンスター相手罠カードなどで除去されると損失が大きいため対策はしっかりと行いたい。
 その点において安全と攻撃力を同時に確保できる《魔導戦士 ブレイカー》とは抜群の相性を誇る。
 《ヴェルズ・オピオン》相手に戦闘に影響の無い《侵略の汎発感染》を残しつつ他の1枚の伏せ除去を行いながら攻撃できる絶妙な攻撃力となる。
 《ライオウ》戦闘破壊できた場合、それによるこのカードサーチも問題なく行える。

 他にも、安全確認でき攻撃力がある《久遠の魔術師ミラ》との相性も良い。
 《静寂の聖者》《フォーチュンレディ・ダルキー》などの戦闘破壊トリガーとの併用で大きなアドバンテージが期待できる。
 戦闘破壊を条件としているので、《拡散する波動》を併用し攻撃回数を増やせば2枚以上のサーチが狙える。
 攻撃力強化全体攻撃は元々相性がよく、状況によっては大きなアドバンテージを得られるだろう。

 《グリモの魔導書》からサーチでき、このカード《グリモの魔導書》サーチできるため、魔導書をテンポよく回転させる事ができる。
 《魔導戦士 フォルス》《魔導書院ラメイソン》効果デッキ戻す事ができれば尽きること無く循環する。
 それに加えて攻撃力も補えるため《マジカル・コンダクター》《連弾の魔術師》との相性も良い。

 魔導書サーチカードとして見れば、発動条件が無く魔法カード以外も対象となる《グリモの魔導書》が存在する。
 《グリモの魔導書》同名カードサーチを行えないため、このカードは専ら「《グリモの魔導書》サーチする」事が目的になる。
 また、互いにサーチし合ってデッキ圧縮をする場合《魔導書士 バテル》も存在する。
 こちらは召喚権を使わずに済む点と墓地に貯まる魔導書枚数において勝るが、戦闘破壊を行う必要があるため相手に妨害されるとサーチできなくなってしまう。
 このカードを使う場合、必ず伏せ除去などの対策をしっかり行いたい。
 《ネクロ・ガードナー》の有無や、《オネスト》等の手札誘発にも注意しておくこと。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札加える処理はチェーンブロック を作りますか?
A:はい、チェーンブロック が作られます。(12/04/18)

Q:手札加える効果はどこで発動した扱いになりますか?
  また、《エンド・オブ・アヌビス》効果無効になりますか?
A:この効果発動する場所を限定するような効果ではありません。
  したがって、《エンド・オブ・アヌビス》では無効化されません。(12/05/24)

Q:戦闘を行った後(メインフェイズ2)にこのカード発動する事はできますか?
A:はい、できます。(12/04/18)

Q:既にこのカード効果適用されている状態のモンスターに対して《禁じられた聖槍》発動した場合、このカード効果適用されたままですか?
A:はい、適用された状態のままです。(12/05/02)

Q:《禁じられた聖槍》効果適用されているモンスターにこのカード発動した場合、このカード効果適用されますか?
A:攻撃力アップ効果手札加える効果ともに適用されません。(12/07/20)

Q:相打ちの場合、魔導書サーチする効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/05/25)

Q:効果解決時対象としたモンスター種族が変更された場合も、数値アップ等の処理は通常通り適用されますか?
A:はい、通常通り適用されます。(13/07/21)

Q:このカードの効果適用したモンスター相手モンスター破壊した時に墓地発動したこのカードがない場合、魔導書手札に加える効果発動することができますか?
A:はい、手札に加える事ができます。(13/12/03)

Q:このカードの効果適用したモンスター戦闘破壊された時に墓地効果発動するモンスター破壊し、墓地へ送った時、両者の効果チェーンをして発動しますか?それとも違うタイミングですか?
A:チェーンして発動します。(13/12/03)


Tag: 《ヒュグロの魔導書》 魔法 通常魔法 魔導書

広告