《ファイヤー・ウイング・ペガサス/Firewing Pegasus》

通常モンスター
星6/炎属性/獣族/攻2250/守1800
色鮮やかな真紅の翼をはばたかせ、天を駆け抜ける天馬。

 「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」 決闘者伝説 in TOKYO DOME 第3位賞品で登場した炎属性獣族上級モンスター

 初期の上級モンスターとしてはそこそこの攻撃力ではあるが、上級モンスターの標準値である攻撃力2400に及ばないため、決して強いとはいえない。
 とはいえ、炎属性獣族および、獣族上級通常モンスターでは最大の攻撃力を持つ。
 通常モンスターを主体に【炎属性】【獣族】を組む際には、覚えておいて損は無い。

 《炎王の急襲》に対応しているので、フィールドには出しやすい。
 一度墓地へ送る事ができれば、《思い出のブランコ》蘇生でき、《陽炎獣 バジリコック》エクシーズ召喚に利用できる。
 上記2種の特殊召喚カードデメリットが重複する《野性解放》を用いれば、攻撃力は4050になる。
 《チェーンドッグ》を用いて《ダイガスタ・エメラル》からの蘇生を狙ったり、自壊を利用して《森の番人グリーン・バブーン》を展開するといった芸当も可能。
 もちろん、他の《炎王の急襲》対応モンスターと同様、《暗黒のマンティコア》《火霊術−「紅」》《炎王炎環》等のコストにする事も可能である。

  • 大会の第3位賞品であるため、本物は6枚しか存在しない(OCGの大会とゲームの大会のそれぞれで配布された)。
    PREMIUM PACK 3に収録されているのはレプリカ版である。
  • 2006年11月18日22時31分に「本物」のうち1枚がYahoo!オークションに出品され、11月21日2時59分に39万9千円で落札された。
  • 「ペガサス」とは、ギリシャ神話に登場する羽の生えた馬の名前。
    日本語では「天馬」と訳されることが多い。
    海神ポセイドンメデューサの子供であり、ペルセウスがメデューサを殺した際、流れ出た血から生まれた。
    勘違いされていることが多いが、「ペガサス」とはこの馬の固有名詞であり、種族ではない。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMの第56話で、高井戸清(王国編から骨塚と行動しているサングラスの男)の所持レアカードとして、レアハンターのパソコンに表示されていたが、テキストが第2期仕様であった。
    また、海外限定の「カプセルモンスターズ編」ではアレキサンダーの側近の1人が使用。
    「ブレイジング・ブレス」という攻撃名も存在している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは初期の炎属性デッキなどで使用できた。
    カードプールの広がった現在ははじめてモードで登場するのみにとどまっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ファイヤー・ウイング・ペガサス》 通常モンスター モンスター 星6 炎属性 獣族 攻2250 守1800

広告