《ファイヤー・ソウル/Soul of Fire》

通常魔法
相手はデッキからカードを1枚ドローする。
自分のデッキから炎族モンスター1体を選んでゲームから除外し、
除外したモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。
このカードを発動するターン、自分は攻撃宣言できない。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した通常魔法
 自分攻撃宣言できなくなり、相手ドローさせる代わりに、自分デッキから炎族モンスター除外して相手ダメージを与える効果を持つ。

 バーン中心のデッキなら攻撃することはあまりないので、攻撃放棄はさほどデメリットにはならないが、相手ドローを許してしまうのはかなり痛いデメリット
 与えられる最高ダメージ《ヴォルカニック・デビル》または《サブテラーマリス・バレスアッシュ》除外した場合の1500ポイントだが、2枚のディスアドバンテージを負ってまでそのダメージを相手に与えたいかは疑問。
 ドローさせるデメリットも相まって、このカード発動したがためにかえって不利になる状況も少なくない。
 さらに上級以上の炎族モンスターを投入しなければ威力が低すぎることに対し、無計画に上級モンスターを採用すると事故を起こしやすくなるのもデメリットと言える。
 特に【フルバーン】等でこのカードのためだけに高攻撃力モンスターを入れると、そのモンスター手札に来た場合に完全に腐ることになる。
 与えられるダメージは減るもののある程度デッキを選ばず使用できるモンスターを採用した方が事故は少ないが、そうであるならばこのカードを使う必要性がないという矛盾を抱えている。

 デメリットは詰めの局面であれば無視できるので、基本的に引導火力として使用することになる。
 しかしその場合、このカードフィニッシャーとなる機会が来るまで手札に温存しておかなければならず、その時点で死に札を抱えているも同然。
 無論、それまでにその炎族モンスタードローしてしまう可能性もあり、そうした場合手札の複数のカード腐らせてしまうことになり非常に危険である。

 以上の点から、常に手札事故の可能性が付きまとい、リスクの割に爆発力が低いこのカードを採用する理由は見い出せないと言える。
 しかしどうしても採用したいのであれば、【ヴォルカニック・バーン】なら比較的扱いやすい。
 《ブレイズ・キャノン》《ヴォルカニック・エッジ》攻撃不可のデメリットを共有できるのはもちろん、メインから《炎帝近衛兵》《貪欲な壺》を採用できるデッキである為このカードを引いたときにデッキに高攻撃力モンスターが存在しない事態も回避しやすい。
 また、《仕込みマシンガン》《デス・コアラ》《革命》等、相手手札に関係するバーンカードと併用することも一つの手である。

  • アニメでのイラストは人が真ん中に比較的小さく描かれており、足元からは粉塵のようなものが出ているものとなっていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果攻撃力0や?の炎族モンスター除外できますか?
A:はい、除外できます。(12/06/20)

Q:効果処理時自分フィールド上に《神殿を守る者》特殊召喚され、相手がこのカードの効果ドローできなかった場合、除外する処理とダメージを与える処理は行われますか?
A:はい、行われます。(12/06/20)


Tag: 《ファイヤー・ソウル》 魔法 通常魔法

広告