《フィッシャーチャージ/Fish Depth Charge》

通常罠
自分フィールド上の魚族モンスター1体をリリースし、
フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊し、デッキからカードを1枚ドローする。 

 THE DUELIST GENESISで登場した通常罠
 魚族コストとしてリリースし、対象にしたフィールド上のカードを1枚破壊しつつデッキからカードを1枚ドローする。

 消費2枚に対して破壊するカードは1枚だが、1ドローがついているので結果的に1:1交換が成立する。
 ボード・アドバンテージは稼ぎにくいが、相手フィールド上にカードが1枚しかなくても発動できる点は《ゴッドバードアタック》よりも便利である。
 フリーチェーンなので、サクリファイス・エスケープ等で相手除去チェーンできればアドバンテージも稼げる。

 しかしながら、《デュアルスパーク》と比較して罠カードなので即効性が低い。
 セットしてから1ターン待たなければならない点は、単体での制圧力が低く1ターンキル性の高い魚族にとってはそれなりに響く。
 また、リリースするのは戦闘破壊されにくく除去を誘いやすいモンスターが望ましいが、全体的にステータスが低い魚族ではあまり期待できない。
 さらに、シンクロモンスターエクシーズモンスターの登場によって、魚族フィールドに残らない場合も増えてきた。
 よって、カードプールが狭かった登場時ならばともかく、現在の【魚族】において無闇に採用するべきカードとは言えなくなっている。

 複数枚を利用するのならば、フィールド魚族を絶えず供給する体制をつくる必要がある。
 戦闘破壊されやすいという点では相性は悪いが、《オイスターマイスター》ならばリリース時にオイスタートークンを残す事ができ、同時にこれもリリースに充てられる。
 戦闘破壊を嫌っての除去を誘いやすい《素早いマンボウ》も有効。
 あちらで《素早いアンコウ》効果発動させたり、《フィッシュボーグ−アーチャー》などの自己再生可能な魚族を確保する事もできる。
 また、《エクシーズ・リモーラ》を利用する場合、《バハムート・シャーク》から《潜航母艦エアロ・シャーク》特殊召喚しておけば、フィールド魚族を残した状態で相手ターンを迎えられる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:リリースするのはコスト扱いですか?また、破壊するのは対象を取りますか
A:はいコスト扱いであり対象を取ります。(10/11/05)

Q:セットされた魚族モンスターリリースする事は出来ますか?
A:はい、出来ます。(08/08/28)

Q:自分デッキが0枚の場合に発動する事は出来ますか?
A:いいえ、出来ません。(08/07/06)

Q:破壊ドローを行うのは同時ですか?
A:はい、同時です。(09/05/05)

Q:《フィッシャーチャージ》の発動時に、その時発動した《フィッシャーチャージ》自身を破壊対象に選択できますか?
A:《フィッシャーチャージ》を発動する際に、《フィッシャーチャージ》自身を対象に選択する事はできません。(10/09/10)


Tag: 《フィッシャーチャージ》 通常罠

広告