《フォトン・サンクチュアリ/Photon Sanctuary》

通常魔法
このカードを発動するターン、自分は光属性モンスターしか召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに「フォトントークン」(雷族・光・星4・攻2000/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは攻撃できず、S素材にもできない。

 PREMIUM PACK 14で登場した通常魔法
 光属性以外の召喚行為を制限する代わりに、フォトントークンを2体特殊召喚する。

 《迷える仔羊》の亜種であるが、光属性モンスター召喚行為には制限がないため、《迷える仔羊》上位互換としても使える。
 フォトントークントークンとしてはトップクラスの攻撃力を持つが、守備表示特殊召喚される上に攻撃ができないためその打点を活かしづらい。
 また、シンクロ素材にできず、トークンであるためにエクシーズ素材にも使えない。
 基本的には【光属性】においてリンク素材光属性モンスター召喚特殊召喚のためのリリースとしての活用が主となるだろう。
 このカード1枚でリンク召喚可能なリンク2には《プロキシー・ドラゴン》など複数が存在しており、《LANフォリンクス》なら即座にリンク先2つを確保できる。
 他にリンク素材を用意できればリンク4の《ファイアウォール・ドラゴン》に繋ぐことも可能。

 【光属性】の中でも【ギャラクシー】では活躍が期待できる。
 《銀河騎士》妥協召喚《ガーディアン・オブ・オーダー》特殊召喚に必要な条件を満たしたり、《銀河眼の光子竜》特殊召喚コストを調達したりと、腐りやすい最上級モンスター達をサポートできる。
 他にも《聖刻神龍−エネアード》《CNo.107 超銀河眼の時空龍》効果コストにも回せるため、何かと便利なカードと言える。

 また、特殊召喚に制限がある《光と闇の竜》《虚無の統括者》《威光魔人》《フェルグラントドラゴン》等や、追加効果光属性リリースを求める《轟雷帝ザボルグ》の補助にも有効。
 3体のリリースを必要とする《ギルフォード・ザ・ライトニング》《モイスチャー星人》の補助も可能で、《神獣王バルバロス》ではなくそれらを採用する意義も生まれる。
 【神の居城−ヴァルハラ】の様な光属性最上級モンスターが多くなりやすいデッキでも採用でき【冥界軸最上級多用】でも検討ができる。
 《迷える仔羊》の主運用法同様に、(光属性以外の)最上級モンスターアドバンスセットに使用してもいい。
 フィールドに立たせたり、アドバンス召喚に成功した時の効果がメインの場合、《連撃の帝王》相手ターン召喚させるのもまた一つの手。

 とにかく手札消費の苦しい儀式召喚にも役立つ。
 《大邪神 レシェフ》ならばちょうどレベルを満たし、手札でダブついてもコントロール奪取効果コストにも使える。
 《E・HERO The シャイニング》《ジェムナイト・セラフィ》融合素材を、カード1枚から2つ稼ぐこともできる。
 変わった所では、《魔霧雨》等の攻撃力サポートにも使う事ができる。
 《ザ・カリキュレーター》攻撃力強化に貢献するのも面白い。

  • 漫画での初登場時は守備力が0である事のみが記されており、攻撃力については不明だった。
    OCG化にあたって攻撃力2000という数値が設定され、《銀河眼の光子竜》のサポートが可能となった。
    これはその後の本編での登場時にも活かされている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《フォトン・サンクチュアリ》を発動したターン中に、相手《血の代償》光属性モンスター召喚しました。
  この時に《クローン複製》発動する事はできますか?
A:はい、できます。(13/03/23)

Q:相手《血の代償》光属性モンスター召喚した時、《クローン複製》発動しました。
  この後、同一ターン中に《フォトン・サンクチュアリ》を発動する事はできますか?
A:はい、できます。(13/03/23)

Q:地属性モンスター召喚しようとしたところ、《昇天の角笛》無効にされました。
  このターンに《フォトン・サンクチュアリ》を発動する事はできますか?
A:いいえ、発動できません。(13/04/06)

Q:《フォトン・サンクチュアリ》を発動したターンに、《バースト・リバース》発動して、光属性以外のモンスター裏側守備表示特殊召喚することはできますか?
A:いいえ、フィールド属性が参照できなくとも、《バースト・リバース》対象に選択できる墓地モンスターは、光属性のみとなります。(15/08/19)


Tag: 《フォトン・サンクチュアリ》 魔法 通常魔法 フォトン

広告