《フラッピィ/Slushy》

効果モンスター
星2/水属性/水族/攻   0/守   0
このカードが召喚に成功した時、
デッキから「フラッピィ」1体を墓地へ送る事ができる。
また、自分の墓地の「フラッピィ」及び
ゲームから除外されている自分の「フラッピィ」の合計が3体の場合、
墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
自分の墓地の海竜族・レベル5以上のモンスター1体を選択して特殊召喚する。
「フラッピィ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した水属性水族下級モンスター
 召喚に成功した時にデッキから同名カード墓地へ送る誘発効果と、特定の条件下で自身を墓地から除外上級海竜族モンスター蘇生させる起動効果を持つ。

 メインとなるのは後半の蘇生効果だが、似た効果を持つ《馬頭鬼》と比べて発動条件や回数制限等が厳しくなっている。
 墓地または除外状態で3枚揃えなければならず、蘇生の下準備をする手段が必要となる。
 蘇生対象レベル5以上なので手札事故の可能性も大きく、あちらと違いこのカード単体ではアタッカーに使えない点も欠点となる。

 召喚に成功した時に同名カード墓地へ送る事ができるため、《スクリーチ》等と組み合わせれば、比較的容易に3枚と蘇生対象を揃えられる。
 しかし、このカード自身は低ステータスな上に、フィールドに留まっていると蘇生効果が使えないため、エクシーズ素材などにして処理してしまうのが望ましい。
 《鬼ガエル》と非常に相性が良く、最後の1枚をデッキから墓地へ送りつつ、《餅カエル》を含めたランク2のエクシーズ召喚へ繋げる事ができる。

 どうにか発動可能になればカード消費のない完全蘇生のため、劣勢からの逆転に使いやすい。
 1ターンに1度だけの制限があるものの、毎ターンフィニッシャークラスの海竜族蘇生されては相手から見れば堪ったものではないだろう。
 《海竜−ダイダロス》ならフィールドを一掃でき、《海竜神−ネオダイダロス》効果使用後に【ファンカスノーレ】の様に《海竜−ダイダロス》蘇生させて対処手段のない相手に大ダメージを与えることも可能。
 全て使い切っても《馬頭鬼》と同様に《異次元からの埋葬》で再利用が可能な他、《シー・ランサー》に3回分の耐性を付与しつつフィールドを経由した再利用というのも面白い。
 この場合《キラー・ラブカ》を併用すれば上記のサポートを共有しつつ、召喚して低ステータスを晒したこのカード戦闘ダメージを回避できる。

  • 「slushy」は「雪解けの、ぬかるみの」という意味である。
  • 元々は、海外版Abyss Risingで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。

関連カード

蘇生可能なカード

レベル

レベル

レベル

レベル

収録パック等


Tag: 《フラッピィ》 効果モンスター モンスター 星2 水属性 水族 攻0 守0

広告