《フリント/Flint》

装備魔法
このカードの装備モンスターは、表示形式の変更と攻撃宣言ができなくなり、
攻撃力が300ポイントダウンする。
装備モンスターが破壊された場合、
フィールド上のモンスターを1体選択し、
そのモンスターにこのカードを装備する。

 RISE OF DESTINYで登場した装備魔法
 装備モンスター攻撃宣言表示形式の変更を封じる効果装備モンスター破壊された場合に別のモンスター装備する効果を持つ。

 基本は相手モンスター装備させて攻撃不能にし、戦闘破壊を狙うという使い方になる。
 しかし、破壊以外の方法で装備モンスターフィールドから離れると使い回しができず、攻撃抑止役として使うには力不足である。
 自分モンスター装備することもできるが、それが《フリントロック》でもない限り自分に利益が来ることはまずない。

 相手モンスター戦闘破壊する事に意義があるデッキなら、繰り返し使える弱体化なので使い道は出てくる。
 しかし、戦闘破壊の補助としては弱体化の数値が低く、《破邪の魔法壁》全体強化するのとあまり変わらない。
 装備魔法ではより低下値が大きい《魔界の足枷》等を使った方が良い。
 ただし、こちらは《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》破壊した場合に使いまわすことができる。
 また【調理師エクゾ】ならば、攻撃力1800に対して1400で自爆特攻を繰り返すため、戦闘ダメージを最小限にするために採用の余地もある。

 相手フィールド装備可能なモンスターがいない場合、自分モンスター装備せざるを得なくなる。
 見方を変えれば、相手モンスターが全滅しても自分フィールドモンスターがいれば、このカードを維持できるということでもある。
 とはいえ、弱体化の影響は免れないので、維持するなら《フリントロック》を使用したい。

  • 「フリント(flint)」とは、英語で「火打石」を意味する。
  • コナミのゲーム作品において―
    元ネタはKONAMIのビデオゲーム『XEXEX(ゼクセクス)』に登場した謎の物体・フリント。
    自機フリントロックの主武装として活躍する、端的に言えば、「グラディウスシリーズにおけるオプション」に当たる存在である。
    パワーアップアイテムを取得することで最大3本の触手が生え、この触手は武器として活用できるほか、耐久力のある敵には弱点部位にフリントを埋め込ませることで継続してダメージを与えることも出来る。
    この埋め込み攻撃がカード効果の元ネタだろう。
    イラストの背景は2面の分子ステージのものだろうか。
    • DUEL TERMINALでは通常・EXステージ共に牛尾が使用する。
      デュエル中ずっとフィールドに居座ることも多く、非常に面倒である。
      《手錠龍》をスキャンすることで使用できる牛尾をイメージした隠しデッキ「ゴヨウ・チェイサーズ」にも投入されており、アニメで牛尾が使用した事は無いにもかかわらずやたらと牛尾との関連が深い。
      《手錠龍》効果が似ているからだろうか?

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手モンスターに《フリント》を装備させてそのモンスター破壊された場合、次に装備させるモンスター自分相手、どちらが選択しますか?
A:自分で選択します。
  相手モンスター装備魔法装備しても装備魔法コントロールは移りません。

Q:《マクロコスモス》適用中にモンスター破壊されても《フリント》はフィールドに残りますか?
A:一度除外された後、改めて効果の発動をしてフィールドモンスター装備されます。(08/07/03)

Q:《エンド・オブ・アヌビス》が存在する状態で《フリント》の再装備される効果適用されますか?
A:その場合、《エンド・オブ・アヌビス》によって効果無効化されます。(09/05/15)

Q:このカード装備モンスターカードの効果で同時に破壊された場合、再装備される効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(10/11/10)


Tag: 《フリント》 魔法 装備魔法

広告