《フレグランス・ストーム/Fragrance Storm》

通常魔法
フィールド上に表側表示で存在する植物族モンスター1体を破壊し、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。
さらに、この効果でドローしたカードが植物族モンスターだった場合、
そのカードをお互いに確認し自分はカードをもう1枚ドローする事ができる。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した通常魔法
 フィールド上の表側表示植物族破壊する事でドロー効果植物族の場合に追加ドローを行う効果を持つ。

 植物族には汎用性の高いものが多いが、《スポーア》を初めとしてフィールドに残りにくいものや手札誘発が多く、メタとしては使いにくい。
 しかし相手モンスターに対して発動すれば、アドバンテージは獲得できるので相手《No.50 ブラック・コーン号》《キラー・トマト》に対して発動できればアドバンテージを得られる。

 自分植物族破壊する場合、基本的に2:1交換であり、ドローしたカード植物族だった場合のみ2:2交換となる。
 《強制転移》と併用し、押し付けたモンスター破壊すれば確実に1:1交換、追加でドローできれば1枚のアドバンテージが稼げる。
 《ダンディライオン》及び綿毛トークンを利用すればカード消費も減らせ、ドロー強化の役割を十分に果たせる。
 植物族ペンデュラムモンスター破壊して再展開する手もある。

 《アイヴィ・シャックル》または《DNA改造手術》と併用することで、ノーコスト単体除去と1枚(または2枚)ドローに変わる。
 植物族破壊するため、《世界樹》発動していれば、それによりフラワーカウンターを溜めることが可能。
 《ブラック・ガーデン》が存在すれば適当なローズ・トークン破壊することで、損失なしに1枚以上のドローが可能となる。
 《死の花−ネクロ・フルール》トリガーにするのも良いだろう。
 破壊と1枚目のドローは同時であるため、《ボタニティ・ガール》《シード・オブ・フレイム》効果も使用できる。
 ただしその場合でも、植物族ドローして相手に見せて追加ドローをしてしまうとタイミングを逃すため、追加ドローサーチ蘇生の二者択一になる。
 《姫葵マリーナ》効果ならばタイミングを逃さないため、うまくいけば2枚のドロー除去を同時にこなすこともできる。

  • 「フレグランス(Fragrance)」とは、英語で「香気・芳香」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:1文目の破壊ドローは同時に行いますか?
A:はい、同時に行います。(08/08/05)

Q:《ボタニティ・ガール》破壊し、ドローしたカード植物族で追加ドローした場合は《ボタニティ・ガール》効果発動できますか?
A:いいえ、タイミングを逃し発動できません。(08/08/14)

Q:破壊対象をとる効果ですか?
A:対象をとる効果です。(08/07/20)

Q:追加ドローしたカード植物族であった場合、更にドローする事は可能ですか?
A:いいえ、できません。(08/07/20)

Q:相手フィールド植物族モンスター破壊できますか?
A:はい、相手フィールド上の表側表示植物族破壊することが出来ます。(08/07/25)

Q:手札公開されている際にこのカードを発動しました。
  効果植物族モンスタードローした場合、公開されているそのカードをお互いに確認してもう1枚ドローできますか?
A:はい、その場合でもお互いにカード確認してもう1枚ドローできます。(13/11/01)

Q:対象をとる(指定する)効果ですか?
A:はい、対象をとる(指定する)効果です。(13/04/19)

Q:効果解決時対象モンスター種族が変わっていたり裏側守備表示になっていた場合、どのように処理しますか?
A:その場合、モンスター破壊されません。
  また、モンスター破壊できない場合ドローも行う事ができません。(13/04/19)


Tag: 《フレグランス・ストーム》 魔法 通常魔法

広告