《フレグランス・ストーム/Fragrance Storm》

通常魔法
フィールド上に表側表示で存在する植物族モンスター1体を破壊し、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。
さらに、この効果でドローしたカードが植物族モンスターだった場合、
そのカードをお互いに確認し自分はカードをもう1枚ドローする事ができる。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した通常魔法
 フィールド表側表示植物族破壊する事で1枚ドローし、それが植物族だった場合に追加でドローを行う効果を持つ。

 相手モンスターに対して発動すればアドバンテージを獲得できる。
 しかし、汎用性の高い植物族《スポーア》《捕食植物オフリス・スコーピオ》等、すぐに各種素材に使用されてしまいフィールドに残りにくいものが多く、メタとしては使いにくい。
 相手【植物族】でない限り、基本的には自分植物族を用意する必要がある。

 相手フィールド植物族を用意する場合、《ブラック・ガーデン》ローズ・トークン特殊召喚すれば、追加ドローも望める手札交換となる。
 《強制転移》等でコントロール交換したり、《リプロドクス》《アイヴィ・シャックル》種族を変更すれば、モンスター除去ドローで1〜2枚のアドバンテージとなる。

 自分フィールド植物族破壊する場合、基本的に2:1交換であり、ドローしたカード植物族だった場合のみ2:2交換となる。
 破壊された時の効果を持つモンスター破壊するなど、なるべく破壊ディスアドバンテージにならないように工夫したい。
 植物族破壊するため、《世界樹》フラワーカウンターを乗せたり《姫葵マリーナ》トリガーにすることも可能。
 植物族ペンデュラムモンスター破壊して再展開する手もある。
 破壊と1枚目のドローは同時であるため、《ボタニティ・ガール》《シード・オブ・フレイム》等の「時の任意効果」も使用できるが、ドローした植物族相手に見せて追加ドローをしてしまうとタイミングを逃す点には注意が必要。

 何らかの効果デッキトップ植物族モンスターにできれば、確実に2枚のドローが可能。
 《バオバブーン》手札植物族デッキトップ戻すことができ、破壊された場合の効果も持つので特に相性が良い。
 《バオバブーン》デッキトップを操作した後このカード破壊すれば、2枚のドローと2体の《バオバブーン》リクルートができる。
 デッキトップに戻した植物族を除いて計4枚ドローし2枚デッキ戻す手札交換となる上、ボード・アドバンテージも得られる。

  • 「フレグランス(Fragrance)」とは、英語で「香気・芳香」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:1文目の破壊ドローは同時に行いますか?
A:はい、同時に行います。(08/08/05)

Q:《ボタニティ・ガール》破壊し、ドローしたカード植物族で追加ドローした場合は《ボタニティ・ガール》効果発動できますか?
A:いいえ、タイミングを逃し発動できません。(08/08/14)

Q:対象をとる(指定する)効果ですか?
A:はい、対象をとる(指定する)効果です。(13/04/19)

Q:追加ドローしたカード植物族であった場合、更にドローする事は可能ですか?
A:いいえ、できません。(08/07/20)

Q:相手フィールド植物族モンスター破壊できますか?
A:はい、相手フィールド表側表示植物族破壊することができます。(08/07/25)

Q:手札公開されている際にこのカード発動しました。
  効果植物族モンスタードローした場合、公開されているそのカードお互い確認してもう1枚ドローできますか?
A:はい、その場合でもお互いカード確認してもう1枚ドローできます。(13/11/01)

Q:効果処理時対象モンスター種族が変わっていたり裏側守備表示になっていた場合、どのように処理しますか?
A:その場合、モンスター破壊されません。
  また、モンスター破壊できない場合ドローも行う事ができません。(13/04/19)


Tag: 《フレグランス・ストーム》 魔法 通常魔法

広告