《ブローニング・パワー/Mind Over Matter》

カウンター罠
自分フィールド上のサイキック族モンスター1体をリリースして発動できる。
魔法・罠カードの発動、モンスターの召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にし破壊する。 

 THE DUELIST GENESISで登場したカウンター罠
 サイキック族モンスターリリースを必要とする《神の宣告》に近い効果を持つ。

 《神の宣告》と比較すると、ライフコストの代わりにサイキック族1体をリリースするコストになり、反転召喚に対応しなくなっている。
 旧来の【サイキック族】ではライフの消費が激しいため、状況次第ではこのカードの方が扱いやすい。
 また、損失を回復できる《沈黙のサイコウィザード》等やフィールドに残しておく必要のない《サイコジャンパー》等の適任要員も存在する。
 対応範囲については、現環境反転召喚をする機会は多くないが、伏せてあるのがリバースモンスターだと分かって攻撃しなかった場合に反転召喚を止められない等の弱点もあるので、若干気を付けたい。

 《メンタルオーバー・デーモン》《No.18 紋章祖プレイン・コート》等の確実に墓地へ送りたいモンスターを、相手除外バウンスをかわしつつ墓地へ送る手段として使うこともできる。
 特に《No.18 紋章祖プレイン・コート》は、その効果《紋章獣ユニコーン》墓地へ送る事で擬似自己再生が可能なので、一度墓地へ送られれば能動的に2枚目以降のこのカードコストを補充できる点でも相性が良い。

  • 「マジック:ザ・ギャザリング」に英語名が同じカードが存在する。
    そちらの日本語名は《精神力》で、サイキック族にマッチした名前と言える。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、ディヴァインが使用する。
    アニメに登場していないが、専用ボイスが用意されている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:セットされたサイキック族モンスターコストとしてリリースできますか?
A:可能です。裏側守備表示サイキック族モンスターリリース出来ます。(08/04/25)
  ただし、《クロス・ソウル》を使用した場合、相手裏側表示サイキック族モンスターリリースできず、自分モンスターリリースすることになります。(裏側表示では種族を判別できないため。)

Q:サイキック族召喚無効にするべく発動された《神の宣告》に対し、《ブローニング・パワー》を発動できますか?
A:その「召喚しようとしているサイキック族」はそのタイミングではまだフィールドにいない扱いであるため、《ブローニング・パワー》でリリースすることはできません。
  別のサイキック族がいるならば、それをリリースして《ブローニング・パワー》を発動できます。(15/05/13)


Tag: 《ブローニング・パワー》 カウンター罠

広告