《ヘル・ドラゴン/Infernal Dragon》

効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守   0
(1):このカードが攻撃したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを破壊する。
(2):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。 

 デュエリストパック−ヘルカイザー編−で登場した闇属性ドラゴン族下級モンスター
 自身を破壊する誘発効果と、自身を墓地から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 攻撃力は2000あるものの、(1)の効果により攻撃したターンエンドフェイズ自壊してしまう。
 単にアタッカーとして運用するなら、同じ攻撃力を持った《アレキサンドライドラゴン》《アックス・ドラゴニュート》で十分である。
 機皇帝《魂の綱》等、自分フィールドモンスター破壊トリガーとしたカードとのコンボにならなくもないが、エンドフェイズ発動が遅く、次の展開に繋げづらい。

 (2)は破壊され墓地へ送られた時、モンスター1体をリリースすることで自己再生できる効果
 しかし攻撃力2000のモンスター蘇生させて相手ターンを迎えても大した仕事はできないだろう。
 このカードの(1)の効果による自壊エンドフェイズであるため、聖刻とのコンボエクシーズ召喚に繋ぐのも難しい。
 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》の影響下ではこの効果コスト相手モンスターリリースすることが可能になるため、この効果除去手段のように扱うことができる。

 このモンスター独自のメリットとして、《カメンレオン》《暗躍のドルイド・ドリュース》効果の対象にできるドラゴン族という点が挙げられる。
 《竜の霊廟》など墓地落とす手段が多いため釣り上げやすく、シンクロ素材エクシーズ素材のほか、《魔のデッキ破壊ウイルス》媒体にしても良い。
 《カメンレオン》であれば、このカードシンクロ素材とする事で除去効果を持つ《ダークエンド・ドラゴン》シンクロ召喚可能。

 自壊デメリットについては、攻撃したターンメインフェイズ2に《強制転移》を使用する等で軽減する手もある。
 【ドラゴン族】において《強制転移》《仮面竜》とも相性が良いため、ある程度のシナジーが見込める。

  1. リリースするモンスターを3体用意する。
  2. 《デスカウンター》発動している状態で、このカード直接攻撃を行う。
  3. 《デスカウンター》効果破壊された後、リリースモンスターコストとし蘇生する。
  4. 2〜3を繰り返す。

一度フィールドを離れてから改めて特殊召喚されるため、同一バトルフェイズにまた攻撃が可能となる。
リリースモンスター《スケープ・ゴート》等を併用したい。

  • 破壊され墓地へ送られる」という意味のない文章があった。
  • アニメ5D's第100話において、ブレオが回想で使用している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手モンスターを予め《洗脳−ブレインコントロール》などでコントロール奪取しておいた時、そのモンスターリリースすることは出来ますか?
A:はい、できます。

Q:このカード破壊された時にモンスター1体をリリースして蘇生する効果は、ダメージステップ中に発動出来ますか?
A:はい、できます。(09/02/19)

Q:このカード攻撃宣言時、《くず鉄のかかし》攻撃無効にされた場合、エンドフェイズ時に自壊しますか?
A:いいえ、自壊しません。(13/03/28)


Tag: 《ヘル・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 ドラゴン族 攻2000 守0

広告