《ヘル・ブランブル/Queen of Thorns》

シンクロ・効果モンスター
星6/光属性/植物族/攻2200/守1800
チューナー+チューナー以外の植物族モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いに手札から植物族以外のモンスターを召喚・特殊召喚するためには、
1体につき1000ライフポイントを払わなければならない。 

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した光属性植物族シンクロモンスター
 植物族以外のモンスター召喚特殊召喚ライフコストを要求する永続効果を持つ。

 効果植物族以外のモンスター手札からの召喚特殊召喚ライフコストを科すことで、それらを抑制するというもの。
 現在【植物族】以外で使用される植物族《ダンディライオン》などをはじめとするごく僅かなので、効果は存分に発揮できる。
 特に【ダークモンスター】【帝コントロール】などはモンスターフィールドに出さなければ始まらないため、ライフを削りやすい。

 ただし、手札からの召喚特殊召喚にしか対応していないため、セットを多用するロックデッキなどには効力が薄い。
 攻撃力はやや低く、破壊に対する耐性があるわけでもないので、戦闘除去のどちらでも対処されやすい。
 ライフコストが必要なだけで召喚特殊召喚自体を止める事はできないため、抑止力としては弱い。
 手札から複数展開するペンデュラム召喚には高い効力を発揮し大幅にライフを削る事が出来るが、それだけではやや物足りないので何らかの絡め手が欲しいところ。

 シンクロ素材としてチューナー以外のモンスター植物族を指定しているため、【植物族】以外での使用は難しい。
 【植物族】では《ロードポイズン》《増草剤》などのカードで何度も蘇生できる。

  • 「ブランブル(bramble)」とは「イバラ」や「野バラ」、またバラ科キイチゴ属の植物の総称をいう。
    花言葉は「卑しさ、ねたみ、後悔」。
    一方の英語名は直訳すれば「トゲのある女王」である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ライフコストを払うタイミングはいつですか?
A:召喚する場合なら召喚宣言するタイミング、チェーンブロックが作れない特殊召喚の場合なら特殊召喚宣言するタイミング、チェーンブロックが作られるカードの効果による特殊召喚の場合ならそのカード特殊召喚を行う効果処理中にライフコストを払うタイミングになります。(08/07/19)

Q:《神の宣告》などの効果召喚無効にする場合、《神の宣告》発動するのとライフコストを払うのはどちらが先になりますか?
A:召喚特殊召喚宣言し先にライフコストを払い、その後に《神の宣告》などを発動する形になります。(08/07/19)

Q:《HERO’S ボンド》など手札から同時に複数体特殊召喚する場合、それぞれについてライフコストを払う必要がありますか?
A:その場合1体につき1000のコストを払う必要があるので、例えば2体同時に特殊召喚する場合なら2000ライフポイントを払う必要があります。(08/07/19)

Q:《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》などで自分手札から相手フィールド上に特殊召喚する場合、ライフコストを払うのはどちらになりますか?
A:自分手札からそのモンスター特殊召喚するので払うのは自分になります。(08/07/19)

Q:《DNA改造手術》植物族宣言している場合も手札で他種族であるならライフコストを払う必要がありますか?
A:払う必要があります。(08/07/19)

Q:このカード自身をリリースして植物族以外のモンスターアドバンス召喚した場合、ライフコストを払う必要がありますか?
A:払う必要があります。(08/08/06)

Q:このカードが2体フィールド上に存在する時に植物族以外のモンスター召喚した場合、払わなければならないライフポイントはいくつになりますか?
A:2000ポイントになります。(08/08/06)


Tag: 《ヘル・ブランブル》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 光属性 植物族 攻2200 守1800

広告