《ヘルモスの(つめ)/The Claw of Hermos》

通常魔法
このカードのカード名はルール上「伝説の竜 ヘルモス」としても扱う。
「ヘルモスの爪」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「ヘルモスの爪」の効果でのみ特殊召喚できる融合モンスターカードに記された種族のモンスター1体を
自分の手札・フィールドから墓地へ送る
(そのカードがフィールドにセットされている場合、めくって確認する)。
その後、その融合モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場した通常魔法
 《伝説の竜 ヘルモス》としても扱う効果外テキスト、指定された種族モンスター墓地へ送って特定の融合モンスター特殊召喚する効果を持つ。

 融合素材となる種族戦士族魔法使い族ドラゴン族であり、それらを中心としたデッキにこのカードとそれぞれの融合モンスターをセットで採用する事になる。
 それぞれのモンスターの使い方に関しては各ページを参照の事。

 《青竜の召喚士》は自身が魔法使い族であり、戦士族魔法使い族ドラゴン族サーチする効果を持つため相性が良い。
 魔装戦士種族が全て戦士族であり、戦士族魔法使い族に関連する効果を持つのでシナジーがある。
 ただしフィールドペンデュラムモンスター墓地へ送られないため、《魔装戦士 ドラゴノックス》《魔装戦士 ドラゴディウス》を選択しても、このカードの効果融合モンスター特殊召喚できない点には注意が必要である。

 融合モンスターを出す以外には、他の伝説の竜と同様に《レジェンド・オブ・ハート》コストとして使用できる。
 墓地伝説の竜しかコストにできないものの、このカード発動自体は難しくはない。
 また、一緒に採用した場合手札に来ると腐ることが多い伝説の騎士融合素材として墓地へ送る事ができるのは、他の伝説の竜にはない利点となっている。

  • 名前の由来は、古代ギリシャの哲学者プラトンが執筆しようとしていた作品「ヘルモクラテス」か。
    ティマイオス」「クリティアス」の続編に当たる作品の予定だったが、クリティアスが未完となったため、この作品は「執筆予定」として名を残すのみとなっている。
  • 劇中でこのカードの効果で現れた装備魔法は5種類で、3枚の名もなき竜の中では最も多様な融合を見せている。
    OCG化していないカードとしては、「城之内vsヴァロン」戦で《ビッグバン・ブロー・アーマー》と合体した《ビッグバン・ドラゴン・ブロー》が存在する。
  • 遊戯王DMのサウンドトラックに「ヘルモスの爪」というタイトルの曲が存在する。
    しかし、他の伝説の竜の名を冠した2曲と違いドーマ編で使用されることはなく、KCグランプリ編でのみ使用されている。

関連カード

―《ヘルモスの爪》の姿が見られるカード

対応するカード

収録パック等

FAQ

Q:元々の種族戦士族でないモンスターが他の効果戦士族の状態の時にこのカードの効果でそのモンスター墓地へ送った場合でも、《ロケット・ヘルモス・キャノン》《女神の聖弓−アルテミス》特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できます。(15/05/15)

Q:モンスター扱いの戦士族罠モンスターをこのカードの効果墓地へ送った場合でも、《ロケット・ヘルモス・キャノン》《女神の聖弓−アルテミス》特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できます。(15/06/01)

Q:このカードの効果モンスタートークンフィールドペンデュラムモンスターを選ぶ事ができますか?
A:選ぶ事自体はできますが、それらのモンスターは消滅したり、エクストラデッキに加わり墓地に送られない場合、特殊召喚する処理は行われません。(15/06/11)

Q:《マクロコスモス》フィールドに存在する時に発動できますか?
A:はい、発動できます。また、モンスター墓地へ送られずに除外された場合、特殊召喚する処理は行われません。(15/05/15)

Q:このカードの発動チェーンして《虚無空間》発動され、特殊召喚する処理ができなくなる場合でも、モンスター墓地へ送る処理は行われますか?
A:はい、その場合でも行われ、その後、特殊召喚する処理は行われません。(15/05/15)

Q:上記の場合、「記された」モンスターである事を証明するため融合モンスターを見せる必要はありますか?
A:このカード効果処理を行う際には、まず処理の手順として、何の融合モンスター特殊召喚しようとしているかを伝えた上で、モンスター墓地へ送ります。
  《虚無空間》チェーンされた場合でも同じです。(15/07/11)


Tag: 《ヘルモスの爪》 魔法 通常魔法 伝説の竜 《伝説の竜 ヘルモス》

広告