《ベイオウルフ/Wolf Axwielder》

通常モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1650/守1000
一度闘いを始めると、決着がつくまで戦うことをやめないバーサーカー。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した地属性獣戦士族下級モンスター
 このステータスでは、すぐに決着がついてしまいそうである。

 同じレベル4・地属性獣戦士族通常モンスターには、《ジェネティック・ワーウルフ》《剣闘獣アンダル》等が存在するため、優先順位は低い。
 早い時期から力不足のカードと判断されたのか、第3期以降再録もされていない。  

  • 元ネタは6世紀から8世紀初頭にかけて成立したとされるイギリスの英雄叙事詩『ベオウルフ』の主人公「ベオウルフ」だろう。
    本作は二部に分かれた物語で、第一部ではベオウルフが妖魔グレンデルを退治するまでの冒険が綴られている。
    第二部では第一部から50年の月日が経過しており、王となり老いたベオウルフは自身の領土を荒らすドラゴンを退治するが、戦いの中で受けた傷で落命してしまう。
    フレイバー・テキストの「バーサーカー」については、《バーサーカー》参照。
  • なお、「ウルフ」繋がりからか、創作物のベオウルフはこのカードのように人狼として描かれる事も多いが、原典のベオウルフはオオカミとは全く関係ない。
  • 英語名の「Axwielder」は、「斧」を表す「Ax」と「(武器などを)振るう」という意味の「wielder」を合わせた造語である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「遊星vsアンチノミー」戦でアンチノミーが使用した通常罠《バトル・スタン・ソニック》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    元々は真DM2で登場したオリジナルカード
    同作の初期デッキの1つでデッキリーダーを務めている。
    これといって特殊な能力もないため、やはり同作でもコストの同じ《ミノタウルス》の下位互換だった。

関連カード

―名前関連

収録パック等


Tag: 《ベイオウルフ》 通常モンスター モンスター 星4 地属性 獣戦士族 攻1650 守1000

広告