《ベイオネット・パニッシャー》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のフィールド・墓地の「ヴァレル」モンスターの種類によって、以下の効果を適用する。
自分フィールドに攻撃力3000以上のモンスターが存在する場合、
このカードの発動に対して相手は効果を発動できない。
●融合:相手フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
●S:相手のEXデッキから裏側表示のカードをランダムに3枚除外する。
●X:相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで除外する。
●リンク:相手の墓地からカードを3枚まで選んで除外する。

 LINK VRAINS DUELIST SETで登場した速攻魔法
 自分フィールド墓地ヴァレルモンスターの種類に応じて相手の特定の場所からカード除外する効果を持つ。

 複数のヴァレルモンスターの種類フィールド墓地に用意できればそれだけ多くのカード除外できる。
 簡単に4種類揃える方法としては《轟雷帝ザボルグ》墓地へ送る方法がある。
 いずれも対象を取らないので相手の回避は難しく、特定条件下ではチェーンも封じるので、カウンター効果を持つモンスターカウンター罠にも強く出られる。
 ヴァレルモンスター攻撃力3000のモンスターが複数存在するため、その条件を満たすのは然程難しくない。

 融合モンスターの場合はモンスター1体の除外
 相手モンスターが存在しない状況は少なく、最も使い勝手は良い。
 該当するのは《ヴァレルロード・F・ドラゴン》のみで、フィールドに直接出すには融合召喚を行うカードが必要になる。
 あちらは墓地から除外すればリンクモンスター蘇生ができるため、それを目当てにエクストラデッキから直接墓地へ送る方法を併用してもいい。

 エクシーズモンスターの場合は魔法・罠カード除外
 フィールドに作用するが、モンスターと比べて有用性は若干落ちる。
 該当する《ヴァレルロード・X・ドラゴン》は出しやすい方だが、効果の制約が多い。

 シンクロモンスターリンクモンスターが存在する場合はフィールドに作用できないが枚数は3枚と多い。
 いずれも発動はしやすいのだが、効果がやや状況や相手デッキを選ぶ傾向にあるのが難点。
 前者はデュエル後半では効力が薄く、エクストラデッキを活用しないデッキに対してもあまり効果的ではない。
 後者はデュエル序盤では除外して旨味のあるカードが少なく、【ペンデュラム召喚】の様な墓地を重視しないデッキにも相性が悪い。
 シンクロモンスター《ヴァレルロード・S・ドラゴン》のみだが、高い制圧力を持つため出す頻度も高く、《ヴァレット・シンクロン》《アブソルーター・ドラゴン》により手札1枚の消費で済む。
 リンクモンスターヴァレルの中でも最も種類が多く、特に《ソーンヴァレル・ドラゴン》リンクヴァレルなので軽い消費で出せる上に、自壊させてから蘇生したヴァレットを利用して《ヴァレルロード・S・ドラゴン》《ヴァレルロード・X・ドラゴン》に繋げる動きも可能。

  • 「ベイオネット(Bayonet)」は「銃剣」、「パニッシャー(Punisher)」は「断罪者」を意味する。
    イラストから、「銃剣」をモチーフにしていると思われる《ヴァレルソード・ドラゴン》相手を断罪しているということなのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ベイオネット・パニッシャー》 魔法 速攻魔法

広告