《マギアス・パラディオン》

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/魔法使い族/攻 100
【リンクマーカー:下】
「マギアス・パラディオン」以外の「パラディオン」モンスター1体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。
(3):このカードのリンク先に効果モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「パラディオン」モンスター1体を手札に加える。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した光属性魔法使い族リンクモンスター
 リンク先モンスター元々の攻撃力分自身の攻撃力を上げる永続効果、自身のリンク先モンスター攻撃を封じる永続効果、自身のリンク先効果モンスター特殊召喚された場合にパラディオンモンスターサーチする誘発効果を持つ。

 (1)(2)の効果《アークロード・パラディオン》を参照。
 このカードは下向きにしかリンクマーカーがないため、相手モンスター攻撃力を参照できない。
 元々の攻撃力も低く、1体分の攻撃力しか上乗せできないため、アタッカーとするよりは(3)の効果使用後にリンク素材とした方がいいだろう。

 (3)の効果はパラディオンモンスターサーチ
 パラディオン共通の召喚ルール効果により発動条件は簡単に満たすことができる。
 また、トリガーとなった効果モンスターとこのカードを素材に、自分フィールドリンクマーカーが伸びているリンクモンスターを出せば、サーチしたパラディオン特殊召喚できる。

 サルベージ効果を持つ《星辰のパラディオン》とは特に相性が良い。
 共通効果以外パラディオンフィールドに出し、そのパラディオンを素材にこのカードエクストラモンスターゾーンリンク召喚
 パラディオンの共通効果等で(3)の効果発動し、このカード効果《星辰のパラディオン》サーチした後、このカードトリガーとなった効果モンスターとでリンク2を出す。
 そのリンク2のリンク先《星辰のパラディオン》特殊召喚し、このカードリンク素材としたパラディオンサルベージ
 《星辰のパラディオン》リンク2を素材にリンク3を出した後、サルベージしたパラディオンをそのリンク3のリンク先特殊召喚すればリンク4まで繋ぐことができる。
 経由するリンク2を《レグレクス・パラディオン》にすれば、パラディオン魔法・罠カードサーチ可能。
 また、上記の手順でサーチ効果トリガーとなった効果モンスターチューナーならば、《水晶機巧−ハリファイバー》を経由する事でさらなる展開に繋げることができる。

  • 魔法使い族であることから、カード名の「マギアス」はラテン語で魔法を意味する「マギア(magia)」の捩りだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《マギアス・パラディオン》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク1 光属性 魔法使い族 攻100 パラディオン

広告