《ミスフォーチュン/Misfortune》

通常魔法
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。
このターン自分のモンスターは攻撃する事ができない。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した通常魔法
 相手モンスター対象発動し、元々の攻撃力の半分のダメージを与える効果を持つ。

 相手モンスターに依存するバーンカード
 攻撃をしない【ロックバーン】【フルバーン】では、ほぼデメリットなしで使用できる切り札となる。
 現在では攻撃力2000以上のモンスターが容易く召喚される事も多く、攻撃を行わないならば効率は《デス・メテオ》も上回る。

 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と相性が良く、相手に押し付けて1500ダメージだけでなく、モンスター2体の除去と毎ターン1000ダメージが加わる。
 《壊星壊獣ジズキエル》《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》も効果的で、これらの場合は1650ダメージモンスター1体の除去が可能。
 こちらは、壊獣に属している事からサーチ手段が多く、通常召喚の制限を受けない点で優る。

 ただし、相手モンスター攻撃力を参照するが故に《月の書》を使用されると不発となる。
 特に《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》の場合は、あちらのバーン効果ごと回避されてしまうので要注意。

  • 「Misfortune」とは、「不運」や「災難」を意味する。
  • 劇場版遊戯王打ち上げパーティ大抽選会の目玉景品の引換券として使用された(コミックス「遊戯王5D's」第1巻より)。
  • コナミのゲーム作品ににおいて―
    DUEL TERMINALでは第10弾からEXステージのマリクが使用。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの発動の際に、《サイレント・マジシャン LV8》《ホルスの黒炎竜 LV6》など魔法効果を受けないモンスターを選択することは可能ですか?
A:それらのモンスターに何の影響も与えないので可能です。

Q:このカード発動し、《サイレント・マジシャン LV8》《ホルスの黒炎竜 LV6》など魔法効果を受けないモンスターを選択した場合、相手プレイヤーダメージを与えることは出来ますか?
A:《ミスフォーチュン》の効果によって、魔法効果を受けない効果を持つ《サイレント・マジシャン LV8》《ホルスの黒炎竜 LV6》を選択した場合でも、元々の攻撃力の半分のダメージ相手ライフに与える事ができます。(09/01/12)

Q:《絶対魔法禁止区域》が存在しています。
  このカード発動した後で《青眼の白龍》召喚、あるいは《青眼の白龍》召喚した後でこのカード発動した場合《青眼の白龍》攻撃できますか?
A:どちらの場合も、《青眼の白龍》攻撃できます。(14/05/24)

Q:《ワイトキング》に対し発動したところ、カードチェーンされ墓地《ワイトキング》が減りました。
  ダメージはどう処理しますか?
A:「効果解決時攻撃力」で判定します。(08/02/16)

Q:自分発動した《ミスフォーチュン》にチェーンして、相手《月の書》発動しました。
  それにより、《ミスフォーチュン》の効果の対象としたモンスター裏側守備表示になりました。
  この場合、《ミスフォーチュン》の効果適用されますか?
A:攻撃力の数値を確認できなくなるため、相手ダメージを与えることはできません。
  なお、その場合でも、このターン自分攻撃できません。(14/12/29)

Q:自分モンスター攻撃を行ったターンメインフェイズ2に、このカード発動することはできますか?
A:いいえ、発動することはできません。(14/12/11)


Tag: 《ミスフォーチュン》 魔法 通常魔法

広告