《ミドル・シールド・ガードナー/Mid Shield Gardna》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻 100/守1800
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
裏側表示のこのモンスター1体を対象とする魔法カードの発動を無効にする。
その時、このカードは表側守備表示になる。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した地属性戦士族下級モンスター
 サイクル・リバースモンスターの一体であり、自身を裏側守備表示にする起動効果と、自身を対象にする魔法カード発動無効にする誘発即時効果を持つ。

 守備力が800ポイントダウンした代わり、デメリットが消えサイクル・リバース効果を得た《ビッグ・シールド・ガードナー》
 守備力1800はとして運用するには若干頼りない値であり、反射ダメージを期待したサポートカードとの併用はし辛くなっている。
 《反転世界》発動後の見返りも減り、安定性と引き換えに失ったものも大きい。

 現在メインデッキへ投入され得る単体伏せモンスター除去には《精神操作》が挙げられるのだが、それを採用しないデッキも多い。
 サイドデッキから投入され得るカードには《抹殺の使徒》が挙げられるが、環境で主流のデッキの中にそれを弱点とするものでもない限りそれを投じるプレイヤーは少数。
 仮に除去魔法カードを打たれ表側表示になり、次のターンセット状態にしたとしても、無効にされることが分かっていて除去魔法カードを再び打ってくる相手はいないため、サイクル・リバース効果も活かしにくい。

 採用する場合は種族を活かしたい所だが、攻撃力1800以上のアタッカーを多く内包する【戦士族】では守備力1800を使う意味がない。
 不意を突いた使い方はできないが、《精神操作》の他《No.11 ビッグ・アイ》にも耐性を持つ《不意打ち又佐》《盲信するゴブリン》の方が使い勝手が良い。
 同じサイクル・リバースモンスターであれば、種族が違い耐性は持たないがバウンス効果守備力1800を持った《番兵ゴーレム》が存在し、あちらの方が攻撃力も高く攻めへ転じやすい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「大山vsマティマティカ」戦において、マティマティカのデッキに投入されていた。
    マティマティカの永続魔法《違法召喚》の効果により、大山の場に特殊召喚される。
    第89話では、オベリスク・ブルーの女生徒が攻撃表示通常召喚していた。
    このカードフィニッシャーとなり得るシチュエーションだったらしく、相手の女生徒が「負けちゃ〜う」と叫んでいた。
  • アニメ5D'sの「遊星&クロウvsセキュリティ隊員」戦においてセキュリティが使用した永続罠《ディフェンダーズ・マインド》、「遊星vsディック」でディックが使用した装備魔法《ドレイン・ストライク》、アニメZEXALII(セカンド)の「ナッシュvsベクター」でベクターが使用した通常罠《ガード・オフ》のイラストに描かれている。

関連カード

―《ミドル・シールド・ガードナー》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:「魔法カード発動無効にし表側守備表示になる」は誘発即時効果、「裏側守備表示になる」は起動効果です。
  誘発即時効果は、魔法カードチェーンブロックチェーンする形で発動します。(13/08/14)

Q:2つ目の誘発即時効果はどのように処理を行いますか?
A:裏側表示で存在するこのカード対象とする魔法カード発動した際に、対象となったこのカード表側表示にし、チェーンしてこのカードの効果発動します。(13/08/17)

Q:2つ目の誘発即時効果《スキルドレイン》《ブレイクスルー・スキル》によって無効にできますか?
A:《スキルドレイン》《ブレイクスルー・スキル》によってこの効果無効化する事はできません。(13/08/19)


Tag: 《ミドル・シールド・ガードナー》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻100 守1800

広告