《メガリス・アンフォームド》

速攻魔法
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
フィールドの儀式モンスターの数×500ダウンする。
●レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベルの倍になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
デッキから「メガリス」儀式モンスター1体を守備表示で儀式召喚する。

 ETERNITY CODEで登場した速攻魔法
 2つの効果のうち1つを選んで適用できる効果であり、どちらの効果儀式モンスターに関連する効果となっている。

 1つ目の効果相手フィールドモンスター全体弱体化する効果
 弱体化数値は儀式モンスター1体につき500と大きく、速攻魔法であるためコンバットトリックにも利用できる。

 2つ目の効果レベルの合計が儀式モンスターレベルの倍になるように手札フィールドからリリースし、デッキからメガリス儀式モンスター儀式召喚する効果
 リリースは2倍必要になるが、デッキから儀式召喚するため消費自体は通常の儀式召喚と大差はなく、儀式召喚するメガリスを選べる利点がある。
 レベルメガリス儀式召喚ならレベルモンスター1体のみで良く、【メガリス】の起点となる《メガリス・オフィエル》にアクセスしやすくなる。
 このカード《メガリス・ハギト》からのサーチも効く。

 また、速攻魔法なので相手ターンでも儀式召喚が可能。
 《メガリス・ベトール》なら儀式召喚に成功した場合の効果で複数枚の除去が狙え、相手ターンで不意を突きやすく、大きなアドバンテージにつながる。
 その場合、フィールドモンスターレベルを倍にすることができる《メガリス・プロモーション》などを利用するのもよい。

 2つ目の効果を何度も発動するのは難しいが、1ターンに1度の制限をもたないため、弱体化を重ねがけたり、2つ目の効果儀式召喚した後に1つ目の効果弱体化を行うこともできる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《メガリス・アンフォームド》 魔法 速攻魔法 メガリス

広告