《メタル化寄生生物(かきせいせいぶつ)−ルナタイト/Metallizing Parasite - Lunatite》

ユニオンモンスター
星7/水属性/水族/攻1000/守 500
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして、
フィールド上のこのカードを自分フィールド上表側表示のモンスターに装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
装備モンスターは相手がコントロールする魔法の効果を受けなくなる。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで、
装備モンスターが戦闘によって破壊される場合は、代わりにこのカードを破壊する。)

 闇魔界の脅威で登場した水属性水族最上級ユニオンモンスター
 装備モンスター《サイレント・ソードマン LV5》と同様の相手魔法への耐性と、一度だけの戦闘破壊耐性を付与する効果を持つ。

 現在は強力な効果モンスターが多く、魔法カードへの耐性付与だけではやや心許ない。
 制限カードの中等からは強力なものが採用されている場合もあるが、レベル7なので通常召喚するのは難しい。
 《ジェネクス・ウンディーネ》デッキから、水精鱗などで手札から墓地へ送る事ができるため、ここから蘇生《ゲットライド!》による装備化に繋げると良いだろう。
 一度墓地に置けば相手魔法カードチェーンして《ゲットライド!》発動することで自分モンスターを守ることができる。
 《竜穴の魔術師》があればペンデュラム召喚に繋ぐことも容易であり、《竜穴の魔術師》とは属性レベルも共通する。

 装備解除時に《地獄の暴走召喚》発動して3体揃え、《No.7 ラッキー・ストライプ》などをエクシーズ召喚することも可能だが、当然手札事故確率は上がる。

 上記水属性レベルモンスターと組み合わせる事で、《水精鱗−ガイオアビス》エクシーズ召喚も可能。
 《水精鱗−ガイオアビス》自身に装備できれば、互いの欠点を補完し合える。
 効果を受けないのは相手魔法カードのみなので、アビスの名を持つ装備魔法とも併用できる。

 装備するモンスターを選ばないため、《機皇帝スキエル∞》に装備すれば直接攻撃効果コストにできる。
 ただしこのカードの効果自体も比較的強力なので、よく考えてから発動すること。

  • 「寄生」とは、ある生物が他の生物から栄養やサービスを持続的かつ一方的に収奪することを指すが、このモンスターの場合は逆に寄生するこのモンスターが宿主に力を与えていることになる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて、丸藤亮がデッキに入れていることが確認できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《メタル化寄生生物−ルナタイト》 モンスター ユニオンモンスター 効果モンスター 星7 水属性 水族 攻1000 守500

広告