《ラーバモス/Larvae Moth》

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 400
このカードは通常召喚できない。
「進化の繭」が装備され、自分のターンで数えて2ターン以上が経過した
「プチモス」1体をリリースした場合に特殊召喚する事ができる。

 Vol.5で登場した地属性昆虫族特殊召喚モンスター
 困難な召喚条件を達成しても、攻撃力は僅かに500という頼りないモンスターである。

 普通ステータスの低いモンスターでも、召喚することは簡単である。
 しかし、このカードの場合は通常召喚できず、特殊召喚するだけで4ターンもの時間を費やしてしまう。
 《進化の繭》により守備力が2000まで上昇するとはいえ、モンスター装備カードを4ターンもの間守り抜くのは、現環境においても非常に困難である。
 普通そのようなモンスターは、苦労した分最低限のステータスや強力な効果を持つ事が多い。
 しかし4ターンに加えて2枚のカードコストにする割に、召喚できるのは《プチモス》よりも攻撃力守備力が200ポイントアップしただけの貧弱なモンスターでしかない。
 まだ《プチモス》装備魔法等で強化したり、《進化の繭》をそのまま役として使った方が有用である。
 現状、数あるカードの中でも使い道の無さではトップクラスと言っても過言ではない。

  • 幼虫さなぎ→幼虫で完結しており、昆虫の変態の常識を完全に無視している。
    これは原作で進化をさえぎられ完全態ではない《グレート・モス》特殊召喚されたように、繭の中で進化の最中だからなのだろう。
    もっとも、原作では下記にもあるようにこれが第一形態である。
  • 他の2体と違い、このカードには以前から「通常召喚できない。」の一文が書いてあった。
  • 「ラーバ(Larva、Larvae)」とは英語で「幼虫」を意味する。
    溶岩を意味する「ラヴァ」とは似ているが全く違うので注意。
  • アニメGX第35話にて、アカデミアの古井戸に捨てられていた弱小カードの1枚。
    万丈目に引き取られた。
  • フォルスバウンドキングダムでは、アイテム《進化の繭》を使う事で《究極完全態・グレート・モス》に進化する。
    その後元に戻ることはないため、このモンスターを戦闘させる機会はまずない。
    芋虫でありながら、移動はほとんどの人型モンスターより速い。
    攻撃名は「コクーン・ストリング」。
    口から吐き出す糸による攻撃で、相手モンスターを毒状態にする。

関連カード

色違いモンスター

―類似系カード

収録パック等


Tag: 《ラーバモス》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星2 地属性 昆虫族 攻500 守400

広告