《ライジング・エナジー/Rising Energy》

通常罠
(1):手札を1枚捨て、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1500アップする。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した通常罠
 モンスター1体の攻撃力をアップさせる効果を持つ。

 強化値自体は《一騎加勢》と同じであり、単に強化するだけなら手札コストのない方が良い。
 こちらの強みはコンバットトリックに使えることであり、1500という値は十分に状況を覆せる。
 ダメージステップにも発動可能なので、《収縮》等に対する切り返しとしても有効。
 《突進》を2枚同時使用したのとほぼ同じ効果なので汎用性が低めのカードを採用している場合は投入を検討できる。

 また、このカード相手フィールド上のモンスターも対象にできる。
 《魔法の筒》と組み合わせダメージを増やせる他、《冥府の使者ゴーズ》とでは単純に攻撃力が1500上昇したカイエントークンを出すことができる。
 前者はこのカード手札コスト《魔法の筒》で計3枚のディスアドバンテージ、後者は大幅なライフロスとなり、狙うのは決して好ましくないコンボではある。
 しかし、使いどころを間違えなければゲームエンドに追い込むこともできるので、併用する際には覚えておきたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ライジング・エナジー》 通常罠

広告