《ライトロード・ドミニオン キュリオス》

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/戦士族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 LINK VRAINS PACKで登場する光属性戦士族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に任意のカード墓地へ送る効果デッキからカード墓地へ送られた場合にデッキトップからカード墓地へ送る効果相手効果によって除去された、または戦闘破壊された場合にサルベージを行う効果を持つ。

 ライトロードに属してはいるものの、このカード自身はライトロードを指定する効果を持っていない。
 しかし、いずれの効果墓地に関連する効果であり、墓地アドバンテージを重視するライトロードと相性が良い。
 【ライトロード】は「トワイライトロード」以外は光属性で統一されており種族も分かれているので素材を揃えやすい。
 その他の属性統一デッキでも採用を検討できるが、3種族を併用する必要があるのはやや厳しい。
 エクストラデッキモンスターならば種族をバラけさせやすいので、《簡易融合》縛りの緩いリンクモンスターなどを利用して素材を揃えるのも手だろう。
 ただ、3体のモンスターを用意しなければならない点も考慮すると、高リンクリンクモンスターは素材にしづらいか。

 (1)は、デッキの任意のカード墓地へ送る効果
 墓地効果を発揮するモンスターや、魔法・罠カード墓地に置き、その効果を利用する他、蘇生等につなげるのが目的となる。
 【ライトロード】ならば《ライトロード・ビースト ウォルフ》《ライトロード・アーチャー フェリス》墓地へ送ることで、あちらの特殊召喚効果発動できる。
 《妖精伝姫−シラユキ》などの【ライトロード】と相性が良いモンスター墓地へ送るのも良いだろう。
 また、メインフェイズに任意のカード墓地へ送る効果を持つライトロードなので、《ライトロード・レイピア》墓地へ送る事で即座に装備でき、そのまま攻撃できる。
 同様に《ライトロードの裁き》墓地へ送ることで《裁きの龍》を素早くサーチできる他、(2)の効果によりさらに墓地が肥えるので、そのまま特殊召喚も狙える。

 (2)は墓地肥やし効果
 (1)の効果や、他のライトロード効果トリガーにでき、素早く墓地を肥やすことができる。
 この効果強制効果なので、このカードリンク召喚した場合に(1)を発動すれば、計4枚のカードデッキから墓地へ送られることとなる。
 (1)と違って墓地へ送るカードランダムであり、墓地へ落ちてほしくないカードが落ちる可能性もあるが、(3)の効果である程度カバーできる。

 (3)は相手効果除去戦闘破壊された場合にサルベージを行う効果
 相手依存気味だが条件は緩く、効果無効にされたり壊獣などでリリースされない限りは発動できる。
 自爆特攻から発動も可能な上、蘇生させてからでも使える。
 サルベージできるカードには制限がないので、魔法・罠カードの再利用も狙える他、(1)の効果と組み合わせることでデッキから任意のカードサーチできる。

  • 「ドミニオン」は、神学で言うところの上から4番目の階級の天使を指す言葉であり「主天使」とも呼ばれる。
    その名は統治・支配を意味し、神の威光を知らしめることが目的であるとされる。
    また、「キュリオス」はギリシア語で「主」を意味し、キリスト教においては神、イエス・キリスト、聖霊を指す。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ライトロード・ドミニオン キュリオス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 光属性 戦士族 攻2400 ライトロード

広告