《ラストバトル!/Last Turn》

通常罠(禁止カード)
自分のライフポイントが1000以下の場合、相手ターンにのみ発動する事ができる。
発動後、自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択し、
そのモンスター以外のお互いの手札・フィールド上のカードを全て墓地へ送る。
その後、相手はデッキからモンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚し、
自分が選択したモンスターと戦闘を行う。
この戦闘によって発生するお互いのプレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。
このターンのエンドフェイズ時、
どちらかのプレイヤーのみがモンスターをコントロールしていた場合、
そのコントローラーはデュエルに勝利する。
それ以外の場合は引き分けになる。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した通常罠
 デュエルの勝利条件を変更し、選ばれたモンスター同士をバトルさせ、デュエルの勝者を決定する効果を持つ。

 発動条件は、「自分ライフが瀕死である相手ターン」と非常に限定的。
 相手ターンにしか発動できず、普通の罠カードよりも妨害されやすい。
 自分ライフが瀕死という危険な状況になるが、このカード発動に成功すればデュエルが終結するのであまり気にならない。
 自分ライフを瀕死に追い込む方法としては、《光の護封壁》等でライフを調整することで、簡単に実現できる。

 自分フィールドモンスター戦闘させる効果は、相手デッキの中から最強のモンスターを選んで特殊召喚できるので、基本的には状況は自分が不利となる。
 だが、自分モンスター《異次元の戦士》等を選択すれば相打ちに持ち込め、《昇霊術師 ジョウゲン》等であれば相手モンスター特殊召喚できず敗北する。
 特に《昇霊術師 ジョウゲン》等による特殊召喚抑止効果コンボは強力で、のちに【ラストバトル!】というデッキが考案された。

 ただし、発動時の相手フィールド《黒き森のウィッチ》等のサーチャーが存在していると、サーチしてきたモンスターフィールドに出され、結局相手フィールドモンスターが残る事となり、引き分けに持ち込まれる。
 一見、《異星の最終戦士》なら阻止可能な様に見えるが、通常召喚によるセットをされる危険性がある。
 これを防ぐためには、《光の護封剣》等で事前確認するか、相手通常召喚後に発動するか、相手エンドフェイズ発動する必要がある。
 しかし、そうなると、今度は発動前にこちらのモンスター除去されてしまう可能性がある。

  • 特殊召喚を封じるカードとのコンボも凶悪だが、単体でも恐るべきポテンシャルを秘めている。
    このカード以外の特殊勝利は、ある程度の優位的状況や時間がなければ条件を満たせないのに対し、こちらは条件さえ満たせれば即座に決着に持ち込めるからである。
    その観点から見た場合、ライフが1000以下という窮地からアドバンテージを一切無視して勝利の可能性を掴み取れる、その性能は破格である。

関連カード

―名前関連

イラスト関連

このカードを採用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《虚無魔人》等が存在する時に、発動できますか?
A:はい、発動する事ができます。その場合、特殊召喚処理のみが行われません。
  ただし、このカードの効果《虚無魔人》等を墓地へ送った場合は、特殊召喚処理もされます。(09/01/11)

Q:このカードの発動を、《王宮の弾圧》無効にできますか?
A:はい、できます。(09/09/13)

Q:《地縛神 Chacu Challhua》表側守備表示の時、発動できますか?
A:その状況でも発動できますが、対象に選択されたモンスター以外のカードは、フィールド魔法も含めて全て墓地へ送られます
  よって、《地縛神 Chacu Challhua》は自身の効果によってただちに破壊されます。(15/04/02)

Q:相手が地縛神等、攻撃対象に選択できないモンスター特殊召喚してきた場合、どうなりますか?
A:その場合でもそのまま戦闘を行います。(15/08/29)

Q:自分フィールド上に守備表示モンスターしか存在しない時、発動できますか?
A:はい、可能です。その場合は、守備表示のまま戦闘を行います。
  裏側守備表示モンスターを選択した場合、バトルフェイズに入った時点で表側攻撃表示になります。(11/11/13)

Q:このカード発動チェーンして相手モンスター対象《禁じられた聖槍》発動した場合、このカードの処理はどうなりますか?
A:《禁じられた聖槍》効果を受けた相手モンスターはこのカードの効果墓地へ送られずフィールド上に残り続けます。
  なお、この場合でも、このカード効果処理は通常通り行います。(15/04/02)

Q:相手の場に《毒蛇神ヴェノミナーガ》が存在する場合、このカード発動することができますか?
A:はい、発動できます。
  なお、他のカード効果を受けない《毒蛇神ヴェノミナーガ》は、このカード効果を受けないため墓地へ送られず相手フィールド上に残ります。(15/04/02)

Q:相手デッキが0枚の時発動できますか?
A:相手デッキが0枚の場合でも、このカード発動する事はできます。(12/05/10)

Q:相手バトルフェイズを終えたターンに、発動できますか?
A:相手バトルフェイズが終了した後のフェイズでも、このカード発動する事ができます。(12/05/10)

Q:効果解決時自分フィールド上にモンスターが存在しない場合は、どうなりますか?
A:効果解決時に、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合であっても、相手モンスター特殊召喚する効果処理を行い、エンドフェイズでの勝敗判定を行います。(12/05/10)

Q:相手デッキ特殊召喚できるモンスターがいない場合、どうなりますか?
A:相手デッキ特殊召喚できるモンスターが存在しない場合、相手はこのカードの効果によって特殊召喚できず、自分が選択したモンスターとの戦闘は行いません。
  ただし、エンドフェイズ時にて勝敗の判定は行います。(12/05/10)

Q:このカードの効果特殊召喚されたモンスターはどちらのプレイヤー特殊召喚した扱いになりますか?
A:このカード発動したプレイヤーから見て「相手」となります。(15/04/10)

Q:《増殖するG》効果発動したターンにこのカードの効果モンスター特殊召喚された場合、どのタイミングでドローをしますか?
A:このカードの効果モンスター特殊召喚した時点で、チェーンブロックを作らずにドローします。(15/04/10)

Q:このカードの効果戦闘を行う時、《A・O・J カタストル》《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》《お注射天使リリー》等の効果発動できますか?
A:このカードの効果による戦闘を行う際に、《A・O・J カタストル》《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》《お注射天使リリー》等の効果発動する事はできます。(15/04/11)

Q:このカードの効果墓地へ送られた《ダンディライオン》効果は、いつ発動しますか?
A:このカードの効果による戦闘を行った後、《ダンディライオン》効果発動します。(12/05/10)

Q:このカードの効果特殊召喚された《魔導アーマー エグゼ》は、戦闘を行えますか?
A:いいえ、行えません。(15/04/10)

Q:このカードの効果自分が選んだ《因幡之白兎》は、戦闘を行えますか?
A:はい、《因幡之白兎》から攻撃宣言する場合ではないので戦闘を行えます。(15/04/11)

Q:このカードの効果は「選んだモンスター以外のお互い手札フィールド上のカードを全て墓地へ送る」・「相手デッキからモンスター1体を表側攻撃表示特殊召喚する」・「選んだモンスター戦闘を行う(ダメージ計算を行い戦闘破壊を確定させる)」までが一連の効果ですか?
A:「選んだモンスター以外のお互い手札フィールド上のカードを全て墓地へ送る」・「相手デッキからモンスター1体を表側攻撃表示特殊召喚する」までが一連の処理です。
  なお、「選んだモンスター戦闘を行う(ダメージ計算を行い戦闘破壊を確定させる)」とは、上記処理後におこなう戦闘となり、一連の処理ではありません。(15/04/11)

Q:このカードの効果戦闘を行う時、《クリアー・バイス・ドラゴン》攻撃力は、相手モンスター攻撃力の倍になりますか?
A:はい、相手モンスター攻撃力の倍になります。(15/04/11)

Q:このカードの効果手札《シャドール・ヘッジホッグ》墓地へ送られた時、《シャドール・ヘッジホッグ》効果発動しますか?
  また、発動する場合どのタイミングで発動しますか?
A:はい、戦闘を行う前に《シャドール・ヘッジホッグ》効果発動できます。(15/04/11)

Q:このカードの効果手札《BK グラスジョー》墓地へ送られた時、《BK グラスジョー》効果発動しますか?
A:いいえ、続けてモンスター特殊召喚する処理を行いますので、《BK グラスジョー》効果発動できなくなります。(15/04/11)


Tag: 《ラストバトル!》 通常罠

広告