《ラピッド・トリガー/Rapid Trigger》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):融合モンスターカードによって決められた自分フィールドの融合素材モンスターを破壊し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはEXデッキから特殊召喚されたモンスターしか攻撃できず、
EXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。

 ストラクチャーデッキ−リボルバー−で登場した速攻魔法
 自分フィールド融合素材モンスター破壊して融合モンスター融合召喚する効果を持つ。

 《瞬間融合》と類似するが、こちらには自壊デメリットはなく、限定的な耐性も付与できる。
 反面、融合サポートカードは使えず、攻撃先がエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに限定されてしまう。
 相手デッキエクストラデッキにどの程度依存しているかで有用性が変化するカードと言える。
 依存度が強いデッキに対しては強力な耐性を持つモンスターとなる反面、依存度が低いデッキに対しては攻撃制限が非常に煩わしいものとなる。

 さらなる差異として、融合素材破壊するという処理を行うため、破壊された場合の効果を持つモンスター融合素材にすることで、その効果を活用できる。
 ヴァレットであればエンドフェイズに2体のリクルートが可能。
 しかし、効果破壊耐性を持つモンスター融合素材にできないという欠点でもある。

 融合召喚コンボ性を高めるカードだが、カテゴリに属さない速攻魔法であるため、サーチが難しいのが難点。
 また、都合良く破壊された場合の効果を持つモンスター融合素材にできる融合モンスターも多くはない。
 そのため、【ヴァレット】《ヴァレルロード・F・ドラゴン》などの融合召喚に使うのが主になるか。
 《ヴァレルロード・F・ドラゴン》効果自壊させる事ができるため、攻撃できない状況での選択肢として頭に入れておきたい。

  • 英語で「ラピッド(rapid)」は「速い」を意味する。
    「トリガー(trigger)」はいくつか意味があるが、初出のストラクチャーデッキのテーマを考慮すると「(銃の)引き金」の意味だろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:破壊されたモンスター融合召喚に使われた融合素材として扱われますか?
A:融合素材として扱われず、《融合解除》《ブランチ》特殊召喚できません。(19/07/15)

Q:エクストラデッキ《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》がいます。
  フィールドに居るのが「闇属性モンスター」「効果破壊されない闇属性モンスター」である時、このカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(19/06/21)

Q:融合召喚ができる状況で発動した後、チェーン処理の結果フィールドに居るのが「闇属性モンスター」「効果破壊されない闇属性モンスター」となりました。
  エクストラデッキ《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》がいます。
  この場合、「効果破壊される闇属性」だけを破壊しますか?
  それとも両方とも破壊されない処理になりますか?
A:いずれも破壊せず、融合召喚も行わず処理を終えます。(19/07/15)

Q:このカード融合召喚する際、《影牢の呪縛》の(3)の効果を使用し、相手モンスター破壊して融合召喚できますか?
A:調整中。(19/06/27)

Q:このカード発動に対して、《大革命返し》発動できますか?
A:できます。(19/06/28)


Tag: 《ラピッド・トリガー》 魔法 速攻魔法

広告