《リバイバルゴーレム/Revival Golem》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻 100/守2100
このカードがデッキから墓地へ送られた時、
以下の効果から1つを選択して発動する。
「リバイバルゴーレム」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
●このカードを墓地から特殊召喚する。
●このカードを墓地から手札に加える。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した地属性岩石族下級モンスター
 デッキから墓地へ送られた時に自身を蘇生あるいはサルベージできる誘発効果を持つ。

 《ライトロード・ビースト ウォルフ》に類した自己再生効果を持つ。
 あちらと違いアタッカーにならず、カテゴリ指定のサポートカードを受けられないので【ライトロード】でわざわざ採用すべきものとは言い難い。
 逆に【ライトロード】以外で墓地肥しを目的としたデッキでは、専用サポートカードが関係無くなり通常召喚の出来ない《ライトロード・ビースト ウォルフ》よりもこちらが扱い易い。
 こちらは通常召喚も可能なとして機能し、岩石族という点で独自の墓地送り手段をもっており、役割も大きく異なってくる。
 《ダーク・ドリアード》効果デッキトップに置くことができ、そのまま《ライトロード・セイント ミネルバ》などで墓地に送って、特殊召喚という流れも可能。

 《岩投げアタック》フリーチェーンリクルートカードまたはとなる事からブラフとしても機能しやすい。
 特殊召喚するタイミングを調整できるため、エクシーズ召喚などの補助にも向く。
 《タックルセイダー》と併用することで、《岩投げアタック》汎用性を更に高めてくれる。

 《岩投げエリア》の場合、相手からの攻撃をしのぐには安定しないが、自爆特攻レベル4を守りつつメインフェイズ2での展開が可能になる。
 この場合は相手攻撃モンスターを残してしまうので、これを除去できるものを用意したい。
 レベルチューナーの場合、《妖精竜 エンシェント》発動条件をそのまま満たせるので有効である。
 あるいは、戦闘トリガーとする《ブルブレーダー》《霞の谷の戦士》などと組み合わせるのも手か。

 自己再生以外に、サルベージする事もできる。
 こちらを優先する頻度は少なめだが、《岩投げアタック》魔法・罠除去チェーンした場合などに選択肢に入る。
 手札コストに転用したり、単体で残ってしまった《カゲトカゲ》《フォトン・スラッシャー》を活用できる。
 また、フィールドに並べない事で《トラゴエディア》ステータスを維持したまま特殊召喚でき、さらにコントロール奪取を狙うという動きも可能である。
 特殊召喚が封じられていたり、岩石族コアキメイル維持コストが欲しい場合などにも有効となる。

 《デブリ・ドラゴン》に対応しているため、エクシーズ召喚に活用することができる。
 多くの手段によって墓地へ送る事ができるので、あちらを持て余すこともそうない。
 上記のような墓地送りカードを利用する【ゴゴゴ】では、《ゴゴゴギガース》も対応しているのであわせてみるのも手である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《リバイバルゴーレム》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻100 守2100

広告