《リヴェンデット・ボーン/Revendread Origin》

儀式魔法
「ヴェンデット」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分の墓地のアンデット族モンスターを除外し、
自分の手札・墓地から「ヴェンデット」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):自分フィールドの「リヴェンデット・スレイヤー」が戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 EXTRA PACK 2017で登場した儀式魔法
 手札フィールドモンスターリリース、または墓地アンデット族除外する事で手札墓地からヴェンデット儀式モンスター儀式召喚する効果《リヴェンデット・スレイヤー》破壊される場合に代わりに墓地から除外する効果を持つ。

 ヴェンデット儀式モンスター降臨に必要な儀式魔法
 リリース儀式モンスターの両方を墓地リソースで賄えるため、予め墓地を肥やしておけばこのカード1枚のみの消費で儀式召喚が出来る。
 アンデット族自体も墓地肥しを得意とする種族だが、蘇生を軸とした戦術と噛み合わない面もあるので使いどころは良く考えたい。
 除外された場合に発動する効果を持つ不知火と組み合わせるのも良い。

 (2)の効果《リヴェンデット・スレイヤー》破壊身代わりになる効果
 しかし、あちらは墓地へ送られた場合にサーチ墓地肥やしが可能なため寧ろ除外バウンスといった除去に狙われやすく、適用機会は限られやすい。
 蘇生帰還させた《リヴェンデット・スレイヤー》墓地へ送られても効果発動しないので、そちらを守る場合に使用するのが無難か。

  • イラストでは、灰色の肌と化し眼が赤く光っているロケットを持った男性と、そのロケット内に収められた写真が描かれている。
    ロケット内の写真はロケットを持つ女性と男性が写っており、「Origin(起源)」という英語名からこの状況が《リヴェンデット・スレイヤー》の始まりなのだろう。
    特にアメリカン・コミックにおいては、「Origin」はそのキャラクターのヒーローやヴィランとしての始まりのエピソードを表す単語として定着している。
    • このカードの情報が公開されたフェイスブックの記事では、「《Revendread Origin》は《Revendread Slayer》の悲劇的な話を語っている」と解説されている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《リヴェンデット・ボーン》 魔法 儀式魔法 ヴェンデット

広告