《レア・ヴァリュー/Rare Value》

通常魔法
(1):自分の魔法&罠ゾーンに「宝玉獣」カードが2枚以上存在する場合に発動できる。
自分の魔法&罠ゾーンの「宝玉獣」カード1枚を相手が選ぶ。
相手が選んだカードを墓地へ送り、自分はデッキから2枚ドローする。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した通常魔法
 自分魔法&罠ゾーン宝玉獣が2枚以上存在する場合に魔法&罠ゾーン宝玉獣墓地へ送りデッキからカードドローする効果を持つ。

 必要な宝玉獣は最低でも2枚なのでサポートカードとしては《宝玉の契約》《宝玉の祈り》より重い
 効果は自身と宝玉獣1体を2枚の手札に変えるという手札交換ならぬカード交換である。

 《宝玉の絆》《宝玉獣 サファイア・ペガサス》サーチ召喚すれば発動条件となる宝玉獣2枚を用意でき、アドバンテージを稼ぐこともできる。
 また、このカード墓地へ送った分の宝玉獣《宝玉獣 サファイア・ペガサス》《宝玉の恵み》でリカバリーできる。

 ただし、墓地へ送る宝玉獣相手が選ぶため、蘇生《宝玉の契約》を見越して残すカードを選ぶことはできない。
 また、魔法&罠ゾーン宝玉獣が1枚減ってしまうため、《宝玉の氾濫》《虹の古代都市−レインボー・ルイン》を阻害しかねない点には注意が必要である。

  • 「レア・ヴァリュー(Rare Value)」とは「希少価値」という意味。
    確かに、宝石とは希少価値のある石のことである。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいてヨハン・アンデルセンが使用。
    「十代vsヨハン」戦、「ヨハンvsギース」戦、「十代&ヨハンvsマルタン(ユベル)」戦、「十代vsミスターT(ヨハン)」戦、「十代vsヨハンvs藤原」戦で登場し、その後の展開へ繋げるドローソースとして活躍している。
  • 当初は墓地へ送る宝玉獣ランダムとなっていた。
    フィールド公開情報として出ているものを無作為に選ぶのは難しいことから、それに対する配慮がなされたと見ていいだろう。
    「十代vsミスターT(ヨハン)」戦ではOCGと同様の効果となっていたが、その後の「十代vsヨハンvs藤原」では再び戻っている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:宝玉獣相手が選択して墓地へ送るのは効果ですか、コストですか?
A:効果です。

Q:チェーンされた《サイクロン》等で自分フィールド永続魔法扱いの宝玉獣の数が減りました。
  効果処理の段階で何枚残っていれば効果不発になりませんか?
A:1枚も残っていない場合は不発となります。
  1枚以上残っていれば、それを墓地へ送れるため不発になりません。(19/12/22)

Q:《マクロコスモス》適用中のこのカードの処理はどうなりますか?
A:発動は可能ですが墓地へ送られないため、ドローすることはできません。


Tag: 《レア・ヴァリュー》 魔法 通常魔法

広告