《レプティレス・ナージャ/Reptilianne Naga》

効果モンスター
星1/闇属性/爬虫類族/攻   0/守   0
このカードは戦闘では破壊されない。
このカードがモンスターと戦闘を行ったバトルフェイズ終了時、
そのモンスターの攻撃力を0にする。
また、自分のエンドフェイズ時、
フィールド上に表側守備表示で存在するこのカードを表側攻撃表示にする。 

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した闇属性爬虫類族下級モンスター
 戦闘破壊されず、このカード戦闘したモンスター攻撃力を0にする誘発効果エンドフェイズ表側攻撃表示になる誘発効果を持つ。

 《レプティレス・ゴルゴーン》と違い、相手からこのカード戦闘を仕掛けた場合でも攻撃力を0にすることができる。
 また、戦闘破壊耐性を持つため《ミスト・ボディ》等の補助も必要なく、《サベージ・コロシアム》等で攻撃を強要するのも有効。
 ステータスがどちらも0というのが難点だが、こちらは《悪夢再び》《ダメージ=レプトル》サルベージリクルートしやすいという利点にもなっている。
 うまく相手にこれを踏ませれば返しのターン《レプティレス・ヴァースキ》特殊召喚が狙える。
 そうでなくても《レプティレス・ヴァースキ》の存在を警戒して不用意に裏側守備表示モンスター攻撃できなくなるという点も見逃せない。

 自分エンドフェイズ時になると、強制的に攻撃表示になってしまうデメリットがある。
 放置していると後続のモンスターサンドバッグにされやすくなるが、セットしたターンなら発動せず、リリースシンクロ素材に使ってフィールドから離せば狙われずに済むので、デメリット回避はさほど困難ではない。
 どうしても維持したいのなら、戦闘耐性を活かせる《スピリットバリア》や、ダメージを利用できる《ダメージ=レプトル》《ディメンション・ウォール》等と併用すると効果的である。
 他方では《月読命》とも相性が良く、このカード裏側守備表示にしてデメリットを回避しつつ、このカード攻撃力を0にした相手モンスター戦闘破壊するコンボもある。
 戦闘破壊されず、相手モンスター攻撃力を0にするだけでも強力なので、上手く扱えば【レプティレス】以外のデッキでも十分活躍できるモンスターと言えるだろう。

  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王ファイブディーズ WORLD CHAMPIONSHIP 2010 - Reverse of ArcadiaにDLイメージとして登場。
    使うデッキ【レプティレス】

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:戦闘破壊されない効果永続効果で、攻撃力が0になる効果表示形式変更の効果誘発効果になります。(09/11/16)

Q:このカード戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードフィールド上に存在しない場合は攻撃力を0にする効果発動しますか?
A:バトルフェイズ終了時にフィールド上に存在しない場合は発動しません。(09/12/14)

Q:エンドフェイズ時の表示形式変更の効果バトルフェイズ終了時の効果は、《光と闇の竜》発動無効にされた場合再び発動しますか?
A:いいえ、同一ターン中には再び発動しません。(14/05/08)

Q:攻撃力2000の《ワイトキング》は、戦闘を行った後攻撃力がいくつになりますか?
A:0になります。なお、その後で墓地《ワイト》が増えても0のままです。(09/12/16)
  →参考:《BF−疾風のゲイル》


Tag: 《レプティレス・ナージャ》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 爬虫類族 攻0 守0 レプティレス

広告