《レプティレス・メデューサ/Reptilianne Medusa》

効果モンスター
星6/闇属性/爬虫類族/攻2200/守 800
手札を1枚墓地へ送り、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターは攻撃力が0になり、表示形式を変更する事ができなくなる。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した闇属性爬虫類族上級モンスター
 相手モンスター1体の攻撃力を0にし、表示形式変更を封じる起動効果を持つ。

 手札コストがかかるが、耐性を持つもの以外ならその攻撃力を0にできる。
 攻撃表示モンスター対象にすれば、大きな戦闘ダメージ戦闘破壊が狙える。
 固定値にするため、永続効果などによる強化を封じられるのも強み。
 効果は永続的に適用され表示形式変更まで封じる為、たとえ効果発動ターン攻撃を防がれても戦闘においては無力化する。
 手札消費さえなんとかすれば、1ターンに何回でもカードの効果を使えるのも大きな利点。
 ただし、効果までは無効化できず、単独での使用にはやはり使い難さが残る。
 【レプティレス】においては、もう一方の攻撃力を0にするカード《レプティレス・ゴルゴーン》が使いにくいために必須といえる。
 このカードの効果発動した後に《レプティレス・ラミア》に繋げられれば、相手モンスター破壊しつつ手札交換もできる。
 その他、効果対象とした相手モンスター《ミスト・ボディ》を装備させるか、《スネーク・チョーク》を使用すればサンドバッグ状態にする事もできるが、アドバンテージの面では有効とは言いにくいか。

 また、上級モンスターにしては攻撃力守備力ともに低いのが欠点。
 特に守備力の低さは致命的で、《エネミーコントローラー》等で守備表示にされると、下級モンスター攻撃でも容易く戦闘破壊されてしまう。

 【死皇帝の陵墓】においては、《サイバネティック・マジシャン》相互互換カードに成り得る。
 こちらの利点は相手に大きな戦闘ダメージを与えられる点、あちらの利点は自軍のモンスター強化できる点、《マクロコスモス》等が発動していても効果発動できる点が挙げられる。
 爬虫類族を多用するデッキなら手札コスト《毒蛇王ヴェノミノン》《邪龍アナンタ》強化値に繋がる事を覚えておこう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:攻撃力が0のモンスターに対して、効果発動できますか?
A:攻撃力0のモンスターを選択する事ができません。(09/07/28)

Q:このカードの効果によって攻撃力が0にされたモンスターが存在します。装備魔法などで攻撃力を増減させ、更にこのカードの効果適用した場合、どのように処理をしますか?
A:装備魔法カードによって攻撃力がアップしているモンスターに、 《レプティレス・メデューサ》の効果適用される場合、攻撃力は0になります。(09/07/28)

Q:《ダブルツールD&C》が装備されたモンスター相手フィールドに存在します。このカードの効果を装備モンスター適用した場合、次の相手ターン攻撃力は上昇しますか?
A:《ダブルツールD&C》が装備されたモンスターに、《レプティレス・メデューサ》の効果適用された場合、次の相手ターン攻撃力はアップせず、0のままになります。(09/07/28)

Q:《団結の力》を装備したモンスター攻撃力を0にしました。モンスターの数が増減したとき、攻撃力は増減しますか?
A:《団結の力》を装備しているモンスターに、このカードの効果適用され、その後自分フィールド上のモンスターの数が増減した場合でも、攻撃力の数値は0のままとなります。(09/07/28)

Q:このカードの効果攻撃力が0になったモンスター《進化する人類》を装備させました。このとき攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は0のままとなります。(09/07/28)

Q:魔力カウンターが乗っていない《魔導戦士 ブレイカー》攻撃力を0にしました。その後、魔力カウンターが乗った場合、攻撃力はどうなりますか?
A:効果によって攻撃力が0になっている《魔導戦士 ブレイカー》に、魔力カウンターが置かれた場合でも、攻撃力は0のままとなります。(09/07/28)

Q:《突進》効果を受けた《サイバー・ドラゴン》が存在します。 攻撃力を0にした場合攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は0になります。(09/07/28)

Q:攻撃力がこのカードの効果によって0になった《サイバー・ドラゴン》が存在します。
このとき《突進》効果適用した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は700になります。(09/07/28)

Q:攻撃力がこのカードの効果によって0になった《サイバー・ドラゴン》が存在します。
このとき《収縮》効果適用した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は1050になります。(09/07/28)

Q:攻撃力がこのカードの効果によって0になった《トラゴエディア》手札5枚と仮定)が存在します。
このとき《収縮》効果適用した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は0のままとなります。(09/07/28)

Q:《トラゴエディア》手札は5枚と仮定)が存在します。
攻撃力を0にした後、手札の枚数が変動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:手札の枚数が増減した場合でも、攻撃力の数値は0のままとなります。(09/07/28)

Q:《D・ラジオン》にこのカードの効果適用した場合、表示形式の変更で攻撃力は増減しますか?
A:表示形式が変更された場合でも、攻撃力は増減しません。(09/07/28)

Q:《デモニック・モーター・Ω》攻撃力を0にしました。その後《デモニック・モーター・Ω》効果発動する場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は1000ポイントアップします。(09/07/28)

Q:《サテライト・キャノン》攻撃力を0にしました。その後エンドフェイズ《サテライト・キャノン》攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力が1000ポイントアップします。(09/07/28)

Q:《霞の谷の雷神鬼》攻撃力を0にしました。その後《霞の谷の雷神鬼》効果発動する場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力は500ポイントアップします。(09/07/28)

Q:《シャインスパーク》攻撃力が上昇した《サイバー・ドラゴン》が存在します。
このカードの効果適用後、改めて《シャインスパーク》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:《シャインスパーク》と《レプティレス・メデューサ》の効果を受けて攻撃力が0になった《サイバー・ドラゴン》が存在する時に、別の《シャインスパーク》発動する場合、攻撃力は500になります。(09/07/28)

Q:このカードの効果適用後に《スキルドレイン》発動された場合、0になったモンスター攻撃力は元に戻りますか?
A:攻撃力は0のままとなります。(09/07/28)

Q:リリースなしで召喚した《可変機獣 ガンナードラゴン》(攻撃力1400、守備力1000)がいます。このカードの効果適用後に《スキルドレイン》発動された場合《可変機獣 ガンナードラゴン》攻撃力はどうなりますか?
攻撃力は0のままとなります。(09/07/28)

Q:墓地ライトロードが2種類存在しているとき、《ライトロード・ドラゴン グラゴニス》(攻撃力2600)が効果により攻撃力0になりました。
その後、墓地ライトロードの種類が3種類になりました。攻撃力はどうなりますか?
A:墓地に存在するライトロードと名のついたモンスターカードの種類が変化した場合でも、攻撃力は0になります。(09/07/28)

Q:《サイバネティック・マジシャン》効果を受け、攻撃力が2000となったモンスターが、このカードの効果を受けた場合、攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力が0になります。(09/07/28)

Q:このカードの効果攻撃力が0にされたモンスターに、《ガード・ヘッジ》効果を使用しました。
その時の攻撃力と、《ガード・ヘッジ》効果が切れたときの攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力が0になります。(09/07/28)

Q:《ダークゾーン》により攻撃力が上昇した《ファントム・オブ・カオス》攻撃力を0にしました。 その後、《ファントム・オブ・カオス》効果発動する場合、攻撃力は変動しますか?
A:はい、変動します。
  その場合、コピーしたモンスターの元々の攻撃力に500加えた数値になります。(13/04/08)

Q:《邪神アバター》に対して攻撃力を0にする効果発動した場合、 攻撃力はどうなりますか?
A:攻撃力が0になった後《邪神アバター》永続効果で攻撃力が戻ります。(12/03/05)

Q:このカードの効果攻撃力が0になったモンスターに、《サイバネティック・マジシャン》効果を使用しました。 その時の攻撃力と、《サイバネティック・マジシャン》効果が切れたときの攻撃力はどうなりますか?
A:2000になり、効果がきれると0になります。(10/08/16)

Q:効果処理時に対象に選択したモンスター裏側表示になった場合、表示形式を変更できなくする効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(12/11/03)

Q:効果処理時に対象に選択したモンスターが他のカードの効果により攻撃力が0になった場合、表示形式を変更できなくする効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/07/25)


Tag: 《レプティレス・メデューサ》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 爬虫類族 攻2200 守800 レプティレス

広告