《レプティレス・ヴァースキ/Reptilianne Vaskii》

効果モンスター
星8/闇属性/爬虫類族/攻2600/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分・相手フィールド上の攻撃力0のモンスター2体を
リリースした場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択して破壊できる。
「レプティレス・ヴァースキ」はフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した闇属性爬虫類族特殊召喚モンスター
 モンスターリリースして特殊召喚する召喚ルール効果と、相手モンスター除去する起動効果、1体しか存在できないルール効果を持つ。

 攻撃力0のモンスターであれば相手モンスターリリースでき 、《キングレムリン》《レプティレス・ガードナー》サーチもしやすい。
 また、守備力0なので除去《スネーク・レイン》等で墓地へ送られた後も《悪夢再び》回収できる利点がある。

 しかし、相手フィールドに都合よく攻撃力0のモンスターが存在することは少なく、2体両方がリリースできる状況は更に稀である。
 《幻獣機ドラゴサック》《ユベル》、こちらの攻撃発動トリガーとしたい《青き眼の乙女》《サイバー・ヴァリー》等に奇襲で使える程度だろう。
 よって、通常召喚不可の点も踏まえ、安定して扱うにはリリース要員を自ら準備する必要がある。

 防御に使った《バトルフェーダー》をそのままリリースしたり、変わった所では《電池メン−単四型》も2体の攻撃力0を用意しやすい。
 トークンリリースすることができ、特殊召喚リリースなのでアドバンス召喚に使えないトークンリリースできる点に注目。
 《スケープ・ゴート》《終焉の焔》はもちろん、《ダンディライオン》ならば生成したターントークンリリースできる。
 除去効果が通れば2:2交換になるので自分モンスター1体ならあまり惜しくなく、事前に《強制転移》コントロール交換すれば更にアドバンテージも稼げる。
 特に《トーチ・ゴーレム》ならばお互いの召喚制限に干渉せず、交換に失敗しても除去する事で損失もフォローできる。

 当然、レプティレス専用カードを利用するのも有効であり、《レプティレス・ナージャ》効果を利用できれば即座に召喚条件を満たせる。
 【レプティレス】では《レプティレス・スポーン》を無理なく採用でき、《レプティレス・ラミア》と共有できる《おジャマトリオ》とも相性が良い。

 特殊召喚後は毎ターン相手モンスター1体をノーコスト破壊できるが、表側表示限定で魔法・罠カードにも干渉できない。
 ステータス最上級モンスターとしては物足りないため、過信せずに特殊召喚後は早期の決着を心がけたい。

  • 「ヴァースキ(Vasuki)」とは、インド神話に登場するナーガラージャの1体。
    神話においては毒蛇そのものとして描かれており、神話では、その長大な体がしばしば神々の道具として重要な役目を担っており、乳海攪拌のときは、マンダラ山を回転させる綱の役割を果たした。
    しかし、あまりの苦しさに猛毒(ハラーハラ)を吐き出してしまい、危うく世界を滅ぼしかけた。ただし上述のように猛毒を持つがヴェノムとは相性が悪い。

関連カード

フィールド上に1体しか存在できないカード

収録パック等

広告