《レベル制限(せいげん)地区(ちく)/Level Limit - Area B》

永続魔法
フィールド上のレベル4以上のモンスターは守備表示になる。

 ファラオの遺産で登場した永続魔法
 レベル4以上の表側表示モンスターを、強制的に表側守備表示にする。

 限定条件は付いているが、エクシーズモンスターでないアタッカーや主力の多くはレベル4以上であり、多くのモンスターが影響を受ける。
 召喚したターン守備表示になったモンスターは、これを破壊してもそのターン中に表示形式を変更できない。
 《E・HERO エアーマン》《氷帝メビウス》等が召喚時にこのカード破壊しても守備表示にはなる。
 守備表示となった後に、これらのモンスター効果発動するという処理になるのである。

 魔法カード無効にするカード魔法カード効果を受けないモンスターは数が少なく、《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》よりも突破されにくい。
 一方で《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》と違って奇襲性がないので、ロックを仕掛けてもメインフェイズ1に除去されて何もできないことも多い。
 最大の弱点はレベルを持たないため、このカードを無視できるエクシーズモンスター
 ほとんどのデッキで採用されている上、攻撃できず腐ったカードを素材にして即座に出現するため脅威となる。
 エクシーズモンスター自体はエクシーズ素材を揃えなければ基本的に出せないので、採用するならば守備表示メタカードも併用して採用し、妨害するのも手である。

 これが適用されている限り相手モンスターからの戦闘ダメージを減らせるので、その間にこちらの体勢を整えることができる。
 自分モンスター戦闘も抑制されてしまうので、ビートダウンではない勝ち筋を用意するのが基本。
 バーンデッキ破壊他、特殊勝利をサポートする。
 また、このカードで簡易ロックをかけその間に場を整え、その後なんらかの方法でこのカード除去することでラッシュをかけるデッキも存在し、【フィフティ・フィフティ】1ターンキルデッキなどが該当する。
 ただしモンスターでこのカード除去する場合、効果を受けないモンスターでない限り除去前に守備表示にされるのでそのまま攻撃ができない。
 《終焉の王デミス》などで破壊しようとする場合、この点には注意すること。

 このカードを使いながら戦闘をしかける方法もないわけでなく、レベル3以下のアタッカーレベルのないエクシーズモンスター攻撃する戦法もある。
 フィニッシャー《ワイトキング》《カオス・ネクロマンサー》《サクリファイス》を使ったデッキや、【ローレベル】では活躍する。
 《伝説の都 アトランティス》によりレベルを下げることができる水属性と相性抜群で、レベル4のアタッカー攻撃可能になるため有利に戦うことができる。
 《マジック・スライム》相手守備力の高いモンスター攻撃することで、一方的にライフポイントを削ることも可能である。

 エクシーズモンスターを使う戦法をとる場合、《絶海の騎士》などの表示形式を変更するカードと組み合わせれば恩恵が得られる。
 また、このカードを使う事で相手エクシーズ召喚を強要させ、《No.15 ギミック・パペット−ジャイアントキラー》《スプラッシュ・キャプチャー》で潰す戦法もある。
 アタッカー除去手段をエクストラデッキモンスターに頼っているデッキでは特に後者は影響が強く、戦力をアップするだけでなくこのカードを守る事にもなる。

  • 「クロウvsボルガー」戦においてクロウが使用した罠カード《ダウンバースト》のイラストに描かれている。
  • Dチーム・ゼアルの「遊馬vs徳之助」戦において、徳之助が使用。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:適用中にレベル4以上のモンスター攻撃表示召喚特殊召喚したり、レベル4以上の守備表示モンスター攻撃表示にすることはできますか?
A:はい、できます。ただし、直後に強制的に守備表示となります。

Q:守備表示になる効果は、チェーンブロックを作りますか?
A:チェーンブロックを作りません。

広告