《ロー・キューピット/Cupid Dunk》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守 600
(1):このカードは、このカードより高いレベルを持つモンスター以外の
モンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分スタンバイフェイズに発動できる。
このカードのレベルを1つ上げる。

 DARK NEOSTORMで登場した光属性天使族下級モンスター
 自身よりレベルの高いモンスターでしか戦闘破壊されない永続効果、自身のレベルを上げる誘発効果を持つ。

 (1)は、自身よりレベルの高いモンスターでしか戦闘破壊されない効果
 自身と同じレベル以下のモンスター及び、レベルを持たないモンスターから攻撃されても戦闘破壊されない。
 同属性種族には条件なしで戦闘破壊されない《マシュマロン》が存在するが、リンクモンスター主体の現環境であれば高レベルモンスターと遭遇する可能性は低めであり、戦闘破壊耐性が生きる場面は少なくない。

 (2)は、自分スタンバイフェイズレベルを1上げることができる効果
 (1)の破壊耐性を得られる範囲が広くなるが、タイミングが自分スタンバイフェイズと遅いので影響力は小さい。
 相手エンドフェイズ特殊召喚するなどして、レベル5分の素材に使うことができるかといったところ。

 上述の通り、リンクモンスター主体の環境では戦闘破壊耐性が生きる場面は少なくないので、としての役割をこなし得る。
 攻撃力天使族下級モンスターの中で《ウィクトーリア》などと並び最も高く、攻撃した後にとして備えるという役割は考えられる。
 攻撃表示で残るため、《オネスト》との相性も《マシュマロン》より良い。
 ただ、リンクモンスター効果破壊される可能性も高く、現環境で活用できるかは微妙。

  • キューピットについては《ハイ・キューピット》を参照。
    あちらが「排球(バレーボール)」をモチーフにしているのに対し、こちらは「籠球(ろうきゅう:バスケットボール)」をモチーフとしている。
    • また、英語の「ハイ(高い)」と「ロー(低い)」という点でも対になっている。
  • 英語名では、バスケットボールのシュートの形式の一つ「ダンクシュート(英語ではDunk shot)」が由来となっているようである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ロー・キューピット》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 天使族 攻1800 守600

広告